KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 06日

腱鞘炎、あるいは派遣アルバイトの魔。

手首と肘の間が「ギシギシ」と音をたてます。
いつもの僕の、過剰な表現ではありません。
本当に音をたてるのです。
あるいはそれは、僕にだけ聞こえる音かもしれませんが、これは疑いの余地なく「音」としてのギシギシです。

昨日、今日と、場所は別ですが倉庫内で検品アルバイトをしてきました。
どんな職場に行っても、男は、特にガタイのいい男は力仕事を任されます。
そんなだからか、この「ぎしぎし」という音をたてる腱鞘炎に見舞われる始末。
筋肉(腱)を包む組織が炎症を起こし腫れて、その中で筋肉が動きにくくなっているのがすごくわかります。
それだけならいいのですが、ペンを持つにもひどく痛む始末。
痛いのは左手ですからペンを右手に持つ習慣の僕は、実際にはペンを持っても万年筆を持っても痛みませんが。
喩えです。
いずれにせよ、こんなギシギシ経験は初めてです。
お金を稼いだと思ったらその日に使い、使わなかったと思ったら腱鞘炎まで日払いで付いてくる始末。
侮り難し、派遣バイト。

と、侮り難くも思えるド短期派遣アルバイトですが、実のところ実際に派遣バイト事務所を訪ねると、驚愕に値する恐ろしい数の派遣アルバイターがたむろしている(給料を受け取りに来ている)光景をよく見かけます。確かに手軽で、選びさえしなければ職にあぶれることもなく、お給金も満足のゆくものが頂ける派遣アルバイトですが、これでは日本のあらゆる産業が駄目になってしまいそうな気がします。日雇いだから、雇われる側にはその日限りの意識があり、そんな雇われ人を本職の方々も精魂込めて育てる気がなく、また、いつまで経っても初心者ばかり相手にしなければならない本職さんの苛立ちに、気軽に派遣に応じた若者は嫌気を起こし、職場に心安らかならぬ雰囲気が漂い、それに気づいたときには職場の高齢化、弱体化が進む一方、そんな状況が火を見るよりも明らかです。

いつまでも効率の上がらないアルバイトを相手にしてわめいても仕方がないので、本職同士が言い争いを起こし、それが更なる作業の停滞を招く、そんな光景を目の当たりにしてきました。動かしたいけど動かない、動かしたくないけど動かさねばならない、無理に動かせば痛みを伴う。僕のこの左手の腱鞘炎は、ある種、現代日本の派遣アルバイト事情の縮図なのかもしれませんね。

イタリアがなかなか遠いからでしょうか、就職することばかりを考えてお仕事してました。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-10-06 00:30 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 06/10/05      05/10/05 >>