KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 09日

日仏アニメーションの出会い。

よく降りますね、秋の雨。

今日は京都精華大学で開かれている『日仏アニメーションの出会い』というイベントに行ってきました。HPからもわかるようにかなり魅力的な企画でして、第3日目の今日は、パリ・ゴブラン映像高等教育学校の紹介と学生の作品上映に始まり、シンポジウムをはさんでベルナール・パラシオス短編アニメーション特集、というプログラムでした。第2部のシンポジウムはしばし退場して、偶然にも同大学内ギャラリーで開催されていた『ドイツのアニメーション・フィルム展』も覗いてきました。上記HPとカテゴリー『映画経験』に詳しくありますので、ここでは上映作品について書きませんが、午後1時から同6時半まで仏独アニメーションにどっぷりの半日を過ごしました。日本では数年前からヤン・シュヴァンクマイエルが人気だったり、昨年から今年にかけてはイタリアのアニメーション『ネオ・ファンタジア』が公開されましたし、セル・レンタルDVDではカレル・ゼマンがどんどん商品化されてますし、海外アニメーションがマイナーながら根強い人気のようです。そんな街の雰囲気に乗じてか、来春より精華大学にデザイン学部、マンガ学部が新設されるとのこと。質の良いアニメーションがますますわが国でも作られることを、そのための若手教育の場として精華大学が活躍することを願ってます。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-10-09 00:50 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 10月8日      08/10/05 >>