KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 25日

家関連で、少しナーバスです。

どうも。イタリアでの暮らしの贅沢の象徴としてリコッタチーズと『NUTELLA』を定義し、それを断ってから2週間が経った「KANTACANTALA VITA」です。皆様お元気でしょうか。

リコッタチーズはその名の通り、まさにイタリア文化の一つであるチーズの一種(いわゆるフレッシュチーズでしょうか)、ヌテッラも今やイタリアの文化といっても差し支えのないくらいに人々の生活に深く根を下ろしたチョコレートクリームです。イタリアに着いて最初の一ヶ月、本当にお金がなくて、一個0,45ユーロのリコッタで一日のカロリーを摂取し(しかも二日で一個)、ヌテッラで足りない分を補うという生活をしていたことがあって、それが、奨学金が入った後もしばらく続いていました。しかも、「他で十分に栄養摂取している」にもかかわらずです。つまりは、過剰な栄養摂取、というわけです。

恐ろしい勢いでお金がなくなっていくので、どこにその原因があるのかを検証した際に、緩んでいるのはそこ、すなわち余計なエネルギー補給としてのリコッタとヌテッラであることを突き止めるに至りました。

それらの購入を停止して2週間になります。

リコッタは何とか我慢しています。言うほど絶品というわけではない(僕の好みではあります)ですし、毎日食わないと駄目、というものでもありません。

ところが、ヌテッラについては、体が奴を欲しています。非常に強く求めています。特に今、心の中に消化不良の部分があって、そのはけ口としてヌテッラが選択肢のトップに挙げられています。甘い物といったらヌテッラしか浮かばない僕の脳みそも貧弱ですが、少なくとも今は奴が必要です。今日ここに来るまでに、ベルギー産の板チョコを買ってみましたが、それが非常にうまかったにもかかわらず、心は満たされません。甘い物、熱量を欲しているのではなく、いま、僕に必要なのは他でもない「ヌテッラ」自体であるような気さえします。カロリー摂取や嗜好品としての意味合いとは違ったものが、ヌテッラと僕の間には芽生え始めている、ということが判明しました。

補足すれば、ヌテッラはそれほどおいしいものではありません。味だけについて言えば、今日のベルギー・チョコレートのほうがずっと洗練されています。しかしヌテッラは味以外の部分で何か完成された部分を持っているような気さえします。






推敲できないまま、ネット終了の時間が来てしまいました。早く家で更新したいものです。出来るのか知らん。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-01-25 22:33 | 親愛なる日記 | Comments(2)
Commented by しゅんすけ at 2006-01-29 23:26 x
ヌッテラ・・・ものすごい気になる。。。
それほどおいしいものではないけど、体が欲している・・・
なんかあやしいですねw
Commented by kantacantalavita at 2006-02-01 22:03
ケチってヌテッラより安いのを買ったら、余計にヌテッラを食いたくなるという状況に陥ってしまっています。参りました。


<< 2月ですね。      昨日はペルージャに行ってきました。 >>