KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 23日

イタリア総領事館訪問。

図らずも、一昨日、昨日と二日続けてのイタリア総領事館訪問となりました。

初日は知人に頼んでいた公文書のイタリア語翻訳の宣誓供述のため、二日目は初日に予定していた写真証明のため。

そうなんです。写真証明のために必要なものは、戸籍抄本とパスポートサイズの写真だけと聞いていたのに、訪れたその場で「パスポートがないとできないんですよ。」。そりゃないですよ。まあ、その場で僕が何を言っても、遠吠え的に相手にされないので、黙って翌日に持ってくることを伝えました。そして昨日。前日あれほど並んでいた来訪者の姿はなく、静まりかえってます。いやな予感です。中に入ると、一人だけ申請用紙の記入をしている女性がいます。窓口に係員の姿は見えません。備え付けの電話で係員を呼びます。


「あのぉ、写真証明をお願いしたいのですが。」

「写真証明の受付は12時30分までです。」

「え?13時までと電話でうかがっておりますが。」

「いいえ、12時半までです。」

時計を見ていなかった僕は、完全に拒絶されていると感じ、

「今日はもう受け付けていただけないのでしょうか。」

「・・・・・・」

奇妙な沈黙。

「申請用紙の記入はしましたか?」(相当いらだちながら、その上で嫌々ながら。)

「いえ、まだです。」

「そしたら、記入できたらもう一度Aに電話してください。」

電話が切れて、時間を確認すると、12時20分。12時20分。手続き申請は12時30分まで。図らずも時間ギリギリに間に合っていたようです。なのにこの対応。おそらくあの沈黙は、「12時半まで」と言っておきながら実際にはそれより早い時間で、意に反して「まだ大丈夫ですよ。」とほのめかしてしまった自分に対する憤りの時間であったのではないでしょうか。彼女はおそらく、「12時半まで。」ということによって僕の申請を拒否するつもりだったのでしょうが、自ら受け付け可能であることを明らかにしてしまったわけです。

その後の応対、やりとりは熾烈を極めました。

申請手続き中に彼女のガラス越しの言葉がよく聞き取れなかったので聞き返しても、まったく答えてくれません。返信用にこちらで用意したEXPACKはその使用を認められず書留用の封筒を新たに用意させられる始末。前日の宣誓供述のときは、その種の封筒があることを説明したら受け付けてくれたので用意したのに。明らかに係員の無知不勉強が見て取れたにもかかわらず、階下の文具店と郵便局で封筒と書留を用意します。ここで噛み付くと事態はさらに悪い方向へ進むのは火を見るより明らかなので、ここは歯を食いしばって甘んじます。僕は打たれ強いのです。

一通りの手続きを終えて、領事館を後にしたときの晴れやかな気持ちといったらありません。何はともあれ、受け付けてもらえたことに感謝しなければなりません。

昨日の問題点を挙げておきます。
・問い合わせた電話では、必要な書類はパスポートサイズの写真1枚と戸籍抄本の原本一枚。 → にもかかわらずじつはパスポートも必要だった。
・電話口で、受付時間は11時から13時といってたのに、実際には9時半から12時半だった。  → 前日10時半ころに写真証明と頼んだら受け付けてもらえなかった。
・EXPACKは万能と思い込んでいた。 → 書留といわれたら書留を用意すること。
・時間には余裕を持って行動すること。 → 自分の知らないところでも物事は動いている。

31階にある総領事館から地上に戻るエレベーターで、一人の中年会社員が同僚に向かって言い放ちました。

「自分の会社の常識は他人の会社の非常識。その逆も可なり。」

含蓄に富んだ言葉です。世界中の人々がそう考えることができれば、これすなわち世界平和の実現です。日本の常識はイタリアの非常識。肝に銘じておきましょう。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-07-23 00:58 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< ファイブコインズシネマ      7月21日 >>