KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 22日

春ですねえ

晩酌に一瓶650円のブランデーを呑んでいる『KANTA CANTA LA VITA』です。眠れない夜もこれさえあればぐっすりです。ビールが好きだったはずなのに、こちらではほとんど飲んでいません。月にビン1本飲むか飲まないかくらいです、驚いています。すごく安いんですけどね、ヨーロッパのビールは。僕のお気に入りビールは660mlで0,66ユーロ、100円弱です。冬は赤ワインとブランデー(どっちも安い)で体を温め、夏はきっとこのビール(これ以外にも安くて美味いのがたくさんある)のお世話になることでしょう。

汗ばむ陽気だったり、凍えるような霧雨だったりで、春を感じさせる日々です。寒暖の差が激しいと鼻炎が出るのですが、ここ数年大人になったからか歳を取ったからか、こちらでも今のところ鼻はすこぶる調子良いです。春といえば日本では新生活、家探しですか。中々苦労してますが、思いの外楽しいですよ、イタリアでの家探しも。まだ幾分余裕があるからですかね、この家を出るまで。街中に張ってある空き家情報に目を配り、あるいはインターネットで検索したり、さらには自分で「空き家求む」と張り紙したり、そのようにして物件を探し、気に入ったものがみつかれば電話で部屋を見る約束をして、実際行くまでその部屋の間取りや近辺の様子を想像したりして過ごし、実際に見てがっかりしたり、逆に気に入ってまだ決めるには早すぎるような気がして悩んだり、こちらの家探しそんな具合でして、明日(つまり今日)も2件見に行く予定です。旧城壁の西側と東側なので移動が大変ですが、そうしたものを含む全てを楽しんでやってみます。不安定な春の天気が気になりますが、雨が降ったらどうするかは雨が降ったときに考えます。これは喩えでもあります。

なにやら最近の当ブログは、教訓臭くてうんざりしますね。果たしてそれは教訓でさえないのですが、何か知らん学ぶことが多すぎて、初めて知ることが多すぎて、そうした新しいことを並べてみるとこんな風に「教訓臭く」なってしまうのです。もっと落ち着いた生活、少なくとも本拠地が安定している生活を早く手に入れ、こちらで見聞きしたこと、こちらで起こっていること、そうしたものを伝える人に、出来る限り(完全になどは無理なのだから出来る限り)まっさらな状態で報告するブログに、僕はしたいと思っています。結果的には僕というフィルターを通す訳ですから必ずそこには「僕の見たイタリア」があるはずですが、まあそれはそれで面白いことはきっと多いのですが、それでもそこにはいずれかの形で「意味の拡がり」とか「解釈の余地」とかそうしたものが存在する、読んでくれる人の想像力をくすぐる、断定的ではない、そんなことを書きたいです。

あ、ひとつ、断定とまでは言いませんが、そして言いたくもないのですが、うすうす気になっていることがありまして、それは、この落ち着かない生活に「落ち着いている」、そんな気がしないではない、ということです。よくあることです。
(3月22日)

追記:こちらでもう4ヶ月も経ってしまいました。あの人は元気か知らん。
追記2:理想を語る前にまず行動。
(あ、これが教訓臭いのか。こういうのは胸の内にひそかに持っておくものですね。)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-22 18:44 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< saxy sadie      語彙力の低さ >>