KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 03日

大家から出された「妥協案」について エピローグ

初めて7回に渡る連載のようなものをやってみました。あまりに衝撃的な、そして笑劇的な日々だったので、その都度こちらの友人に話してはいたのですが、それでは足りないくらいに楽し過ぎたので、ちょっと長くなるけれども、僕の愚かなる妹ならもう少しうまく書けるのだろうけども、報告という形で書けたらよいかと思って連載にしてみたのです。

ピザを食っておきながらその場で彼女の提案を断る僕もずいぶん大人になったな、図太くなったなと思いますが、彼女には叶いません。僕がいずれにせよこの家は出ると言った瞬間から、寂しい素振りを見せることもなく、真意は知らん、少なくとも僕にはそんなものは見せることなく、次の住人のみならず、約束したはずの壁塗りバイトまで探し始めているのです。しかも、買収は出来る限り安く済ませようとするその根性。壁塗りバイトは別として、ピザなんか5ユーロ弱ですからね。友人の宿泊料なんか取るほうがおかしいんですよ。それを「あなたは特別。」と思わせるその手腕。300ユーロで家を見つけているのに、20ユーロ値下げして370ユーロで住ませようとするその感覚。壁塗りバイトだって、実際に業者に頼んだら100ユーロ以上するのかも知れません。ちょっとでも安くなればしめたものというその思考。すごく現実的で、実際的で、「たくましさたるものかくあるべし」を体現している人のように思えます。

でも、それも当然ですよね。なんせ彼女は、彼女らの世代は、僕が日本で観た所謂「ネオレアリズモ映画」の主人公たちだったたくましき少年少女の、50年経った姿なのですから。それを見てイタリアについて勉強しようなんぞと考えた外国人の僕とは較べるべくもない訳です。頭が下がります。

と、ここまで書いたところで、ひとつお断り。この物語はフィクション(事実を基にした物語)であり、実際の人物・団体とは一切関係ありません。すごくリアルな喩え話、ある間借人とその大家というよくある関係の縮図のひとつの例、それくらいに受け取ってください。そもそもここで書いたように饒舌には僕はイタリア語を話せません。へえ、イタリアってそういうこともあるんだあ、ってくらいが一番良いですねえ。これとは全く違うイタリアだってあるし、彼女とは違って本当に根の腐った悪徳大家だっているんです。

でもそう言ったところで実は、これからの2週間ちょっとがすごおおおく不安です。このまま何も起こらずに済むとも思えないのが実情です。
(4月2日)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-04-03 19:15 | 親愛なる日記 | Comments(8)
Commented by igrek at 2006-04-03 20:06 x
大家さんとのバトルも残り2週間で終結??お疲れさまやね。
ボクがお邪魔する頃には、居住に関しては
心配ないようになっている事を祈るよ。
Commented by kantacantalavita at 2006-04-03 22:22
本当につかれたよ。早く、これもいい思い出だった、なんて言える日が来るといいなあ。
Commented by horigome at 2006-04-05 02:01 x
フィクションでしたか(笑)
Commented by nodako at 2006-04-06 03:37 x
とりあえず家見つかってよかったね!
日本の友達によく「イタリアって危なくない?」と聞かれるけれど、やっぱり国としては危険なのかも。こういう如何わしいことがあってもおかしくないと、旅行ガイドブックの注意事項とか見ていたら思います。ちなみに同じような家の問題に遭遇したドイツ人の友達はこっちが「そんなに?」って思うほどイタリア人のことを本当に嫌ってます。
Commented by kantacantalavita at 2006-04-06 21:40
おお、horigomeくんか。起こった出来事は文字にした時点ですでにフィクションになのだよ。「LOVE」の『いわゆる傑作セカンド』入手したよ。
Commented by kantacantalavita at 2006-04-06 21:45
nodakoさん、確かにこの国は「アブナイ」。そう思う。でもこういうのも知っている人/経験した人と、知らないし経験もしたこともない人では、後々随分違った人生を歩むことにはなるような気がするね。日本でぬくぬく生きられるならそれがあるいは一番イイのかも知れないけど、それができなかったのだから僕は「アブナイ」この国を存分に楽しみたいね、その「アブナサ」までも。もちろん知ったとか経験したがどういう風に後々の人生に響いてくるか、良く響くのかは今の時点ではわからないし、そんなことを考えながらは生きたくないのです。
Commented by mai at 2006-04-06 22:29 x
kantaさんお元気ですか?久しぶりにブログをのぞいたら色んなことがあったみたいですね。大家さんとのバトル面白かった☆kantaさんのブログを読んで私も早く留学行きたい!!って思いました♪
たれでは追いコンが終わり、新入生勧誘に忙しくなりそうです・・・そういえば私、年末に手術したんですよ(>_<)またバイクで事故って・・・(10月中頃)そのおかげで(?)15キロほど痩せました。(^_^)v痩せてるうちにお会いしたいものです。イタリアで・・・はたまたスウェーデンで。
Commented by kantacantalavita at 2006-04-06 23:22
おお、maiちゃんか。元気かい?「ひさしぶり」とか言わず、がんばって書くからもっと読んで。また事故?15kg?あなたはまったくお兄さんを安心させてくれないんだから。本当に気をつけてください。お願いします。ぜひ、僕がいるヨーロッパに来てほしいものだね。momoちゃんがフランス(もちろんパリ)で、canがドイツ、maiちゃんがスウェーデン・・・。これはお兄さん、大変だなあ。あと、誰がヨーロッパ語だったかしら。楽しくなるなあ。


<< Nanni Moretti(ナ...      大家から出された「妥協案」について⑦ >>