KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 27日

打たれ強い人間になろう。

やっぱりやっぱり、領事館の担当者は愛知万博に行ってて、今日電話した時点ではまだ書類ができてないとのことでした。催促に催促を重ね、明日中には何とかしてほしい旨を伝えました。東京のイタリア文化会館は、どうにか提出の予約を明後日に取ることができましたが、肝心の書類があるいは揃わない、なんていう事態も想定しておかないといけない羽目に、思いがけずなってしまいました。領事館は写真証明のときとは違う職員さんが担当で、書類申請のときは言葉の端々に毒をこめながらも穏やかに精一杯対応してくれて、良い人もいるもんだなあと感心していた矢先のこの一件。気は抜けません。完全に相手はイタリア人です。あすこは日本ではないというのはどうやら事実のようです。

といった一連の出来事が今日の午前中に済んでしまったので、今日は健康診断と歯科に急遽行ってきました。同じ時期にイタリア留学を目指す野村くんと、今日の午前中の出来事について電話で話していたときにたまたま彼が教えてくれました。健康診断書なるものをロータリークラブ本部に、留学出発の少なくとも二ヶ月前には提出しなければならない、ということを。ううむ。これはどう考えても僕の出発は、9月末以降になりそうです。

【健康診断】
信じられないことですが、当日予約なしで、触診と問診で診断書を書いてもらうことができました。玄関から入って玄関から出るまでの所要時間、15分という驚異の記録を図らずも打ち立ててしまいました。大丈夫なのかしら、僕の身体と診断書。

【歯科】
歯石を取ってもらうだけのつもりが、虫歯も3つ(すべてC2)見つかり、これからの日程も考慮に入れて全部今日処置してもらうことに。思えば、歯医者は小学校以来でして、考えようによっては小さな虫歯が3つで済んでよかったと言えるのかもしれません。20代も後半の中盤にさしかかり、自分の身体をもう一度チェックし直すには良い時みたいです。驚いたのは15年以上前の地方都市の周辺都市のベッドタウンの周辺市町村の小さな歯科医と、現在の大都市の近隣都市の若手歯科医では、その設備もスタッフもあるいは考え方までもまったく別世界の夢物語のようであったということです。今回の僕の治療についてだけ言えば、痛みはほとんど伴わず、時間も短時間で済み、そして思いのほか治療費が安かったということです。待合室も診療室も明るく、横になった際に目に映るのは青空(柄の天井)。スタッフは皆若く清潔感にあふれ、丁寧な上に愛想がよい。そうした中で、自分の身体をきれいにしてもらっていることを感じながら、月一は無理でも半年に一回は定期検診してもらおうかなぁなどと考えている自分に気づきました。それくらい心地良い時間を過ごしてきました。時間とお金が許せば、今回の機械では除去し切れなかった歯石を手作業(?)で取ってもらうために再訪したいと考えています。

気になっていた歯列と親知らずですが、前者に関してはうまく付き合っていけば現時点で問題はないこと、後者に関してはレントゲンによって判明したのですが、下顎はその深いところで完全に横向きになっていること、上顎に至っては親知らずそのものが存在していないことが確認できました。診察前に比べ、まったく自分の歯の状況がわかっていないという状況からは一歩抜け出し、幾分親しみを持って自分の歯と付き合っていけそうです。

そんなわけで、月並みですが、目から鱗の今日の午後でした。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-07-27 22:22 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 7月27日      おいおい。 >>