KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 18日

起こるものは起こるし、生じるものは生じるし、悪い予感は必ず当たるし。(続・財産相続問題)

起こるべくして起こった『続・財産相続問題 ~荒野の決闘~ ('06)』という映画のタイトルみたいな三面記事事件(果たしてそれは事件ですらない瑣末な取るに足らん馬鹿げた話なのですが)の当事者になり、怒りで震える手を引越しの肉体的疲労で何とか押さえ込もうと無駄な努力を重ねている『KANTA CANTA LA VITA』です。

復活祭休みも明け、やっぱり大家はすぐにやってきました。こういうときは何かと運の悪い私ですが、割れ物(ビンに入った食材やわずかの食器)を運ぶとき一回だけバスを使うことにしたその引越しの帰りにバスの中で彼女に遭ってしまいました。こういうものです、la mia vita(我が人生)。私を見つけたときも彼女は笑っていませんでしたので、何かあるだろうなあと思っていたら、あらかた物が持ち出された私の部屋を見て、

「ローズマリーも持って行ったの!!!?(未だかつて見たことのない剣幕)」

このあとの無意味な会話はここには書きません。書く労力を払うのさえ不毛に思われるようなことの繰り返しでした。耳を疑うようなことの見本市(ボローニャは見本市で有名な街です。そんなこと今はどうでもいいです。)でした。

不運にもその場に居合わせたアメリカ人の女の子に大家は、私に対してあれほど彼女の悪口を言っていたにもかかわらず掌を返したように「なんていい子なの。」なんて言っているのには、開いた口が彼女の大きすぎる彼女の腹でも塞がらないほどでした。味方を作ることには余念がありません。かわいそうに、アメリカ人の女の子は、逃げるように普段はしない散歩なんかに出てしまいました、この散歩日和とは言いがたい天気の空の下。

今週は山場です。2年間という留学生活の中で何度かあるはずの山場の何個目かであることが、尋常でない震え方をしている手から感じられます。

一応繰り返しますが、フィクションです。フィクションであってください。

------------------------------------------------------------
Now playing:
"いらいら", by はっぴいえんど, アルバム『はっぴいえんど』より

くるしい、くるしいんだ
息をすることもできない
多すぎる、多すぎる
いらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいらいら・・・・

(本当の歌詞ではこんなに「いらいら」は多くありません。)

------------------------------------------------------------
・・・こういうときはNUTELLAですかね。あのヘヴィな表面的な優しさが今は欲しい。

震える手、肉体的苦痛、過剰な糖分。映画でも作ろうか知らん。では。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-04-18 19:46 | 親愛なる日記 | Comments(2)
Commented by igrek at 2006-04-19 14:41 x
相当、神経すり減ってるね。。。
ヌテッラ警報だね。。。
Commented by kantacantalavita at 2006-04-19 18:07
igrekさん、深刻になりすぎる、深刻になっている自分が好き、みたいな甘ったれた傾向が僕にはあります。楽しんで頑張ります。でも、NUTELLAは食べたい。補給したい。


<< これがイタリア!!      マッチ・ポイント!! >>