KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 17日

フリー・スロー、フリー・スロー、フリー・スロー!!

今朝はジョギングではなくバスケットボールをしまして、5本連続でフリー・スローを決めるまで、家には帰らないと自分にノルマを課しましたところ家にたどり着いたのは昼前でした、『KANTA CANTA LA VITA』です。

昨夜、同居人のマウロとその彼女アレッシア、同居人のイレーネとその恋人ピーノ、そこに僕を加えた5人で、この家に暮らす3人の誕生パーティをしました。3人とも誕生日が近いのでまとめて祝ったわけですが、明後日には実家に帰るマウロと月末には南下するイレーネとしばしのお別れでして、「良いバカンスを。」という意味も込めてあります。

プレゼント交換もしまして、僕にはマウロとイレーネがバスケットのボールをプレゼントしてくれました。うれしくて、昨夜は遅くまでバカ話をしたり酒を飲んだりしながら騒いでいたのですが、今朝は9時半には目が覚めてしまってそれでいつものジョギングコースにあるコートに走った次第です。

良いですね、体を動かすってことは。仮に(実際にそうだったんですけど)シュートがさっぱり入らなくて精神的欲求不満になったとしても、そこには確かに、「体を動かしてエネルギーを消費している」という実感とその具体的な形としての疲労、鈍った肉体の悲鳴の現れとしての筋肉痛があります。こういうものも、あまりにご無沙汰になるとほとんど快感になることがあるのです。

孫娘と散歩に来たばあちゃんの見慣れぬ光景に対する視線、車椅子のじいちゃんとその息子であろうもう一人のじいちゃん(老老介護ですな)の凡プレイヤーに対する冷めた視線、隣のテニス・コートで大声を張り上げながら小球を追いかける少年たちの珍奇なものに対する視線。見られること、見られているような気がすることに対してやや過剰に反応してしまう僕ですが、イタリア人の視線はそんな僕にはあまりに直接的すぎます。チラッと見るとかそういうものではありません、直球の視線です(ああ、この国には『イタリア人は振り返るGli italiani si voltano』なんて短編映画があるくらいなのだ)。そんな状態で、ましてかれこれ1年以上やっていなかったバスケットボールで、ましてもともと得意ではないフリー・スローが5本連続で決まるまで家に帰らない、調子に乗りすぎました。昼前に帰宅できたことをバスケットボールの神様に感謝します。

そんなわけで、平日はジョギング、土日はバスケットボールをしようかなあ、などと考えています。続けば、たまに報告します。イタリアのバスケットボール事情と、その周辺について。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-07-17 19:30 | 親愛なる日記 | Comments(3)
Commented by mai at 2006-07-18 00:19 x
イタリアでバスケ。素敵ですねぇ☆★
早くたれで活躍する幹太さんが見たいです♪
留学決まりました!!(前言ったっけ??)8月24日に日本を出ます。
イタリアに遊びに行くときはよろしくお願いします☆
Commented by kantacantalavita at 2006-07-18 19:51
maiちゃん、おひさしぶり。イタリアでのバスケは素敵かも知れないが、フリースローが入らないのは素敵じゃないのだよ。留学決定おめでとう。完全に知らなかったよ。どちらへ行かれますかな?
Commented by mai at 2006-07-18 22:02 x
もちろんスウェーデンに☆★
イタリア・・・遊びに行きたいけど1人じゃ怖いんで、ほんとに頼りにしてますからね♪


<< Il cinema ritro...      Il cinema ritro... >>