KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 02日

Stai allenando?

今朝から再び運動を始めました『KANTA CANTA LA VITA』です。予定では3日前から始めるつもりだったのですが、眠くて眠くて。

久しぶりにバスケットボールをしに行きまして、まあ復帰初日だからと早めに切り上げストレッチをしていたら、おじいちゃんに連れられた4歳くらいの男の子がコートにやってきました。赤いゴムボールを持っていて、どうやらバスケをしに来たようです。ゴール下の陽だまりで身体をほぐしている僕のすぐそばまでやってきて、興味は完全にこちらに向けながらも、リングを目指してシュートらしきものを始めました。でも、子供は正直ですね。自身の好奇心に抗えません。大人はこうは行きませんからね。関心ぎらぎらなのにない振りなんかしてしまいますもの、僕なんか。彼はうまくいかないシュートをさっさと打ち切り、僕の顔を見て開口一番、


"Stai allenando?(体、鍛えてんの?)"


"・・・No.(いや。)"


「いや。」って!!
その瞬間(彼の質問は現在進行形で与えられました)は確かに運動を終えるためのストレッチをしていたので正確には鍛えているのではないとは言え、それでも他に答えようは幾らでもあったのに。幼い子供に、幼い子供にしては唐突に「身体を鍛えているのか」と問われ幾分慌てたとは言え、もっと想像力と余裕を持って答えられるくらいに長いことイタリアにいるはずなのに。何よりもこの日、「体を鍛え」なおし始めた初日であったのに。


「体鍛えてる?」

「いいや。」


まるで自分の怠惰を自分で認めてしまったようなものです。幼き男の子の質問と再開しようとしていたエクササイズに、高らかに敗北宣言をしてしまったようなものです。自身でそう答えた直後から、著しい自己嫌悪に陥ったわけです。

彼が教えてくれたのは、「どんなときでも自信を持って『鍛えてる。』と言えるくらい頑張れ。」ということです。

"Stai allenando?"

"Sìiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!"

そう胸を張って答えられる日まで、頑張ります。その子とは明日も会う約束をしましたが、果たして覚えているでしょうか。問題は、それくらい幼い子だったということです。ん?ちょっと待て。正確には"Ti stai allenando?"が正しいんじゃないか?よくわからないですけど、それくらい幼い子だったということです。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-02 02:13 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< リンクしました      写真で振り返る2006夏。 >>