KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 05日

ルッツァーラ Luzzara (後記)

ルッツァーラにしてきた忘れ物が日増しに大きくなります。



ザヴァッティーニの誕生日9月20日に訪れたルッツァーラは、ポー川の畔にある町です。ところが町の中心からはもちろん川は見えないし、町の人に聞けばポー川を見るならルッツァーラじゃないと言います。それでも僕にとって、ポー川はルッツァーラの一部であり、ポー川見ずしてルッツァーラは語れないという、偏見にも似た信念があります。

ところが今回、初めて訪れたルッツァーラだったのですが、幾ら歩けど汗は川の流れのようではあるのに川に辿り着かない、道は完全に人の歩くそれではなくなる、などの理由で川を見ることはついに叶いませんでした。

言い訳みたいに聞こえますが、増して見てない訳ですから遠吠えみたいにも聞こえますが、それでも、ポー川を見るならやはり冬です。霧とポー川はルッツァーラとポー川が切り離せないのと同じくらいに僕の中では等符号で結ばれています。今回、早朝の田園に広がる霧は見ることができましたが、ポー川が欠けています。ザヴァッティーニの墓参りでルッツァーラを訪れることはできましたが、ポー川が欠けています。

冬、豚の匂いもその湿気と共に凍りつくような日に、もう一度訪ねてみようと思います、ルッツァーラ。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-10-05 05:07 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 新しく設置しました      忘れないうちに、ラボ見学報告。 >>