KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 01日

休みの日の静かな午後

イタリアで何が好きって、休日の昼ごはん時が大好きです。こんな話は前にもしました『KANTA CANTA LA VITA』です。

昼ごはんも大好きですけど、その時間帯にひと気も疎らな通りにいて、楽しそうに食事を待つ家族の姿を想像するのが好きです。満ち足りた表情のお母さんの姿を想像するのが好きです。通りに人の姿はなく、孤独な自動車が申し訳なさそうに走る音だけが響いたり、食卓に用意される食器のカチャカチャなる音がどこからともなく聞こえてきたり、普段は耳触りなだけのTV番組がどこか遠くの国の知らない人たちの囁きみたいに聞こえてきたり、家族の一員になりたい犬が彼にそうさせまいとする鎖を目いっぱい伸ばして鼻を鳴らしていたり。この季節だと、木から落ちる一枚の葉っぱの音がびっくりするくらいに大きく響いたりもします。何か知らん、普段は町の喧騒に隠された主張したがらないものたちがこの時間に限っては、口も達者に語りだす、それが休日の昼ごはん時です。そうした声や音に耳を傾けて、そこにあるであろう生活を想像するのが大好きです。人々の姿は見えないけれど、確かに彼らはいて僕は世界のたったひとりではないことを確認するのが好きです。

その反面、皆が動き出す16時くらいから18時くらいにかけての騒がしさは憎んでさえいるんですけどね。騒がしさそのものを嫌悪し、その喧騒を作り出す人間を憎悪します。そんな時間は家でじっとしているか、外界から隔離された映画館に逃げ込むに限ります。

僕は孤独を愛する、そういうタイプの人間ではないし、友人と騒ぐのも大好きで、そもそも人間が好きな人間だったはずなんですけど、この国にいて、ずいぶん一人でいる時間が長くて、自分にもよくわからない部分がまだまだずいぶんあるなあと考えたりします。そもそも物事を理論立てては考えられない人間なのです。

今日は11月1日、すべての聖人のお祭りです。感傷的になるにはちょうど良い日かもしれません。

皆が家で過ごしている時間に外にいて、彼らが動き出すくらいから友人の家に逃げ込み、彼らが思い思いの時間を過ごして世の中がにぎやかな時間帯は僕も映画館にいて観たい映画を観ているのです。完璧な休日の過ごし方です。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-11-01 23:54 | 親愛なる日記 | Comments(4)
Commented by masaya at 2006-11-02 22:35 x
ハガキ届いてた。ってかこの返事遅いな・・・
イタリアはもう寒いですか?
イタリアは何が流行ってんの?
イタリアは・・・
Commented by kantacantalavita at 2006-11-02 23:49
ようよう、masaya。すっかり忘れられたものと思っていたよ。葉書。いつ送ったんだったかね、それさえも忘れてしまうくらい昔であったことは確かだ。

イタリアも寒くなったね。ただ日中は天気が良いからぽかぽか陽気で、半袖短パンでジョギングなんかしてても汗だくになるね、俺が汗っかきというのを差し引いても暑いくらいの日もまだまだある。天気が良い分、夜の冷え込みはずいぶんなもので、暖かい日中に町に出て、そのまま映画に行ったりすると、恐ろしい寒さの中を自転車で泣きそうになりながら帰る、というのもしばしばさ。学んでないね。

イタリアでは何が流行ってるんだろう。教えて欲しいくらいさ。
Commented by ecaep_dlrow at 2006-11-03 07:35
僕も今度、耳を働かせて静かな時の街の声を聞いてみます。
ま、イスタンブルでは無理ですが・・・
Commented by kantacantalavita at 2006-11-04 01:59
やあ、ecaep_dlrow、コメントありがとう。今日(平日金曜日)もほとんど同じ時間にほとんど同じコースをカメラを持って散歩したけれど、あれほど感動しあれほど想像力をかき立てた風景が今日は黙して語らず、さ。面白いものだね。フィルムも1本使い切らなかった。

うん、イタリアも大都市だったらこうは行かないんだろう。ボローニャというそれほどには大きくない町の割と古くからの人の住む地域だからね、この辺は。トルコも家族との食事を大事にしていそうだから行くとこに行けば必ず出会えるよ。イスタンブールはあまりに人が多すぎる。


<< 2006/11/02 木曜日      月間観た映画リスト2006年1... >>