KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 18日

滞在許可証更新のための順番待ち予約確認書

数時間前の午前1時10分くらいにエミール・クストリッツァ監督作品『アンダーグランド』を観終えてチネテカから出てきたら、この寒い中、門の前で自己陶酔的にハーモニカを吹いている人がいました、よくわからない街ボローニャから『KANTA CANTA LA VITA』です。

ちょっと前に『今日は雨です。』というタイトルで大学の再登録、滞在許可証の更新の予約についてまとめて書きましたが、本日はその後日談。

去年取得した僕の滞在許可証は先月31日が期限だったため、更新手続きのための予約をなんとか取り付けたところまでは書きました。その際にも触れましたが、有効期限が切れる11月1日から予約日2月1日までの約3ヶ月もの身分のグレーゾーンは結局わからず終いでここまできてしまった感がありまして、これまでイタリア国内を旅行した時も、特に自家用車なんかに乗っていたら高速料金所であれ共同墓地前であれ、我々アジア人は少なからず警察に身分証と滞在許可証の提示を求められるという自らの経験から、年明けくらいには一度国外に旅行したいという思いも手伝って、

「いずれにせよ期限切れのまま指をくわえて更新日を待つ訳には行かない」

という結論に達し、色々調べた結果、否、色々調べてもらった結果、灰色を白に変える方法があると判明しまして、それが今回のタイトルにある証明書です。正確な名前は"Conferma appuntamento per il rinnovo del permesso di soggiorno"というもので、列に並んで自分の番が来たら窓口の担当者にその旨を伝え渡される用紙に「氏名 生年月日 国籍 予約日 予約時間 予約番号」を自分で記入し、確認後担当者がサインしハンコを押す、というのが一連の流れです。

例によって書くのは簡単ですが、入手までには少なからぬ関門が待っています。まず、朝8時半受け付け開始とあるため余裕を持って8時に到着したにもかかわらずその時点で、すでに50人以上の人が並んでいる、一日の受付可能人数が200人と決められるため競争が生まれるのは必然です。さらに次の問題は、その50人以上の人々が並ぶともなく並んでいる、列のようなものはあるけれど、明確な順番はなく追い越しごまかしが常の状態です。これは慣れてしまったというのもありますが、きっちりしていると言われる日本人には耐え難いものです。隙あらばこちらもごまかす、くらいのものがあると気持ちは楽です。8時半に受付が始まり、番号札が渡されるので順番までは自由です。霧の立ち込める旧市街をウィンドー・ショッピングをして時間をつぶし、頃合を見て窓口に向かいます。ここでもやや閉口します。外は寒い、と狭いオフィスに人々が押し合い圧し合いしています。番号札があっても、一部の人々はより前に進むこと、より窓口に近づくことしか考えられないようです。色んな言語と色んな不正確なイタリア語、係員の正確な怒号と皮肉が飛び交います。窓口へと続く道は完全塞がれていますが、でもそこでは僕の順番が迫ってるわけですから、当然の顔をしてぐいぐいと進むことが正当な権利として与えられます。窓口到着。担当者も慣れたもので"Conferma..."と言葉が続かずにいるとすでに彼女の手はある用紙に伸びています。記入事項は確認していたため、何の問題もなく書き込めます。僕の前のパキスタン人(イタリアでは南アジア人の総称みたいにパキスタン人といいますが彼は本物でした)も同じ書類の申請に来たらしく色々聞いてきます。知ってることは教えます。こちらが親切にするとあちらも親切で「先に行っていいよ」という顔をします。で、結局は彼と一緒に出したわけですが、彼は予約番号を書いていない、僕のほうには漏れはない、こうなると俄然展開はよくなります、できている方はさっさと片付ける心理が担当者に働くため、ろくに確認もせずドンとハンコを押して完了。ほとんどが僕の手書きの、それでも命の危険をいくらか減らす、否、命の危険を増やすことはない書類の受領はこうして為されます。

この書類の一番の問題は、これがあるからと言って国外出れるか、出れても再入国できるかが記されていないことですが、ないと困るしあっても困らないので持っておくことに越したことはなさそうなので、一応の満足は得られます。詳しいことを知っている人が、捜せば必ずいるという希望を持ってまた明日から生きていけそうです。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-11-18 11:42 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 2006/11/18 土曜日      2006/11/17 金曜日 >>