KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 29日

ブログのネタ、そんなものはゴロゴロ転がっているだろうに。(中)

窮地脱出の方法論として正しいかどうかは別として、僕がそのとき取った行動は、まず事態を把握すること、次いで「最悪の事態」を想定し、それに対処する方法を考えること、最後にその「最悪」からプラスの方向へと思考をシフトしてゆく、というものだった。

落ち着け。一体今、俺はどういう状態にあるんだ?暖かい我が家から締め出しを食っている、どうやらそれは明らかだ。全てが移ろいやすく、何事にも確証の持てないこの時代の、唯一動かしがたい事実、手元にある鍵で家に入れない。主なき部屋は当然呼び鈴に答えるはずもない。同居人たちはどうした?一人はすでにクリスマス年末年始帰省し、もう一人も同様、非常に近い未来(一両日中だ)に帰省する。昨夜は年末のあいさつ回りで帰宅していない。帰省しない俺にはここにしか居場所はない。いつ帰るとも知れんその同居人を当てにするな。他の鍵はどこにある?大家だ、電話するか?携帯電話を部屋に置き去りにした今、その番号を知りえる方法は限られている。向かいに住む代理人だ。不在。結局はまだボローニャのどこかにはいるはずの同居人に電話をするか?番号は携帯内にしかないことは数秒前に確認したろう。ではその実家に電話して取り次いでもらうか?一銭も持っていない。ちょっと待て、体が冷えてきたぞ。そりゃそうだ、素足にサンダル、短パン、Tシャツにフリース、呪われた坊主頭という格好である。稀にみる暖冬とは言え一応冬であることにかわりはない、下手をすれば文字通り「命取り」になりかねないその姿は、混乱する頭を幸か不幸かクールダウンし、勢い余って思考を鈍らせつつある。

いずれにせよ、ここでじっとしている訳には行かない。

まずはこの場を離れよう。このままでは何も始まらない。友人宅に向かうか?朝10時前に起きてる友人などいない。じゃあ公園でヨガでもして時間を潰すか?この期に及んで潰す時間など持ち合わせていない。スーパーで体温の上昇を図るか?むなしいだけだ。やはり、困った時の友人、まだ寝てるだろうなどとは言っていられない困難に出くわしたのだ、理解してくれるだろう。幸い数日後からの留守番を俺に頼むという負い目を持った友人宅はそう遠くない。「助け合って生きていこう」などと交わしたあの日の約束。まさか助けられることになるとは。おいおい、ちょっと待て。助け合い?奴が俺に鍵を前もって渡すなんてことをしなければこんなことにはならなかったはずじゃあ・・・。否、そういうことを言うのは問題を解決して、ジョーク含みの思い出話をするときに言え、今は遠吠えにしか聞えん。

屋外から部屋に到達するまでに3つの鍵を要する我が家から一度離れるということは、次にこの場に来る時には何らかの解決策を携えて、ということになる。「とりあえず」的な感覚で軽はずみに動いてよいのか?しかしそれ以外に方法はない。思いつきとは言えそれ以外に取るべき道は思い当たらんのが事実だ。

土俵は固まった。結構まずい状況にあるというのは確認できた。こういう時は希望的観測ではなく、よりシビアで、スマートな思考が求められる。まず一番やってはいけないことはなんだ?この格好で年を越すこと、同居人が帰ってくる年明けを指をくわえて待っているだけ、これはなんとしても避けねばならない。そもそもどこで指をくわえるんだ。次に、極力コトを大きくしないこと、巻き込むのは最低限助けになってくれると信頼できる人間だけで良い、役立たずに振り回され踊らされ一喜一憂するのはまずい、不毛であるばかりか無駄に体力ばかりを消費する結果になり兼ねん。どういう人間が必要だ?落ち着いて考える場を提供してくれる者、連絡係として使える者、うむ、目星はすぐつく。友人がそう多くないということは考えようによっては(今回のような場合には)時間の短縮に大いに役立つ。「使える」などと言い方は悪いが、それならば言わなければ良いのだ。冷徹。クールに徹しろ。

オーケー。悪くない。走って友人宅に向かうことはこの寒さをしのぐにも好都合だ。走りながら打開策を練る。俺の体力を以ってすれば疲れと寒さで思考がストップするより先に着くこともできる。悪くない。開封された小荷物を手に走り出す。本を片手にサンダルでジョギングする人間など見たこともないし、事実、珍奇の目が容赦なく突き刺さるが、"2006 in Italia"をこんな無様な姿のままで終えるよりかマシである。

往々にして、「こういう時に限って友人は不在」と相場は決まっているのだ。

(つづく)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-12-29 03:16 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 2006/12/29 金曜日      2006/12/28 木曜日 >>