KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 02日

おめでとうございます。

1年の始まりに1年の内一番危険な目に遭遇しました『KANTA CANTA LA VITA』です。明けましておめでとうございます。

街の中心マッジョーレ広場ででの年越しでした。23時ごろに酔っ払った頭を叩き起こすようにして街に出て、方々で鳴り響く爆竹で具体的に目を覚まし、酔っ払った人々の姿に実際的に不安を感じ、立ち込める煙に現実的に怖気づいていました。

人の多さは、野外上映、ワールドカップでの優勝、チョコレートの見本市など、この広場で行われた昨年の主な出来事を遥かに凌ぐもので、そんな中で、辺りかまわず爆竹が炸裂し、踊り、花火が打ち上げられ、歌を歌い、酒がぶちまけられ、皆それぞれに何か知らん違った香りのするタバコを吸っている。踊る場所に爆竹が投げ込まれているのか、あるいは爆竹の投げ込む場所で踊っているのか判りませんが、足元で鳴る爆竹にキャアキャア言ってる若い女の子たち。ふん、若者め。

警察、機動隊なども広場やメイン通りに出揃ってます。酔っ払って彼らに絡んでいく者、小競り合いの彼らに告げに行く者、それらにかまわず(かまえ!)重大事に備えて待機しています。彼らの周辺にのみ、不幸の象徴のように物々しい雰囲気が漂います。

日本のそれと違いイタリアの花火は、光量やデザイン性を無視し、音を重要視しています。そう思えるほどにとてつもない音を発します。文字表記すればそれ「ドカン!」です。四方向を石造りの建物に囲まれたマッジョーレ広場でそれが炸裂すると、その「ドカン」は石造りの文字となって虚弱な僕の胸を打ち抜きます。それは地響きとなり気圧の変化となり、怯えきった僕の心をさらに収縮させます。あんなもんが近くで爆発したら・・・。

間違いなくアレで痛い目にあっている人々がいるはずなのに、祭りとは怖いものです、その他大勢が楽しんでるから少数の弱者(としての痛い目に遭った人)は無視されます。怖すぎます。不正義とは知りつつ、ここは多数派、すなわち自分が痛い目に遭わなかったらそれでいいやと考え、カウントダウンを待ちます。

meno 5, meno 4, meno3, meno2, meno1(マイナス5, 4, 3, 2, 1
), ぎょええええええ。

ライトに照らされる紙ふぶきとスモーク、それらに目を輝かせる女の子たちがとてもきれいでした。

で、VECCHIONE(でかい婆さん)と呼ばれる巨大な人形が燃やされます、再生の印であり、吉兆とされるのです、確か。大学生の頃授業でそういう風習があるのは知ってましたが、大学入学から10年目の今年、こうして目の前でそれが繰り広げられると、感動します。10年か・・・、ふっ・・・、てね。ん?あれはたしか、冬の象徴でもなかったですかね??春の到来を待ちわびる、とか。違う祭りだったような気もしますが、今年のvecchioneは、真っ白の本体に、長いピンクの襟巻きがグネグネ巻かれてまして、何か禍々しい雰囲気がありました。それが燃える様は恐ろしくさえあります。間違いなく去年のハイライトのひとつである『裁かるゝジャンヌ』(フィナーレ別バージョン)を想ったりしながら、新たな年の到来を祝います。去年観た映画のベスト10の選出も叶わないまま、ですが、まあ良しとしましょう。全てがハイライトだった2006年よさようなら。2007年も良い年でありますように。

さて、それさえ済めば、そんな修羅場にようはありません。さっさとその場を後にするのが得策です。家路、人込みから離れたところでも、外国人たちが例の爆竹とも花火ともつかないものに興じています。油断大敵、風のように立ち去るのが賢明です。僕を無視させるために僕も彼らを無視するのです。

友人と新年の挨拶。暖かい我が家に到着。鍵は僕の鍵です。あれ?ささらない。おいおい、そんなオチは予定に入ってない。そういうおバカは去年もうやった、繰り返しのギャグなんか要らない。しかしなぜ鍵が入らん?ドアの向こうで物音、なぜか大晦日に帰省先のシチリアから帰った同居人がドアを開けてくれます。ドアの向こうから彼女の鍵を差し込んでいたようです。なぜ?不安なので聞きません。早く布団に横になりたいだけなのです。山ほど季節の菓子を持って帰ったようです。それもまた明日。今は早く寝させて・・・。ぐ~。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-01-02 00:13 | 親愛なる日記 | Comments(9)
Commented at 2007-01-02 09:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by igrek at 2007-01-02 22:56 x
明けましておめでとう。
新年から、賑やかに過ごしたんやねー。
でも、しんしんと静かにふける日本の夜も素敵でしたよ★

では、今年もヨロシクお願いします。
Commented by TONO at 2007-01-02 22:57 x
カウントダウンはスカパラで踊り狂いながら年越ししてん~
今年もそんなこんなでよろしくね★
Commented by kantacantalavita at 2007-01-03 03:43
igrekさん、おめでとう。
うん、すごく賑やかだったよ、俺以外はねwww。
うまくぼやかしたつもりだけど、独りで見てたんだ。
俺は普段からあんまり正月とか必要以上にありがたがらんからね。家でコソコソしてんのが本当は好きなんだ。でもまあ、来年の今頃はこの国にいないこと、これから先正月をイタリアで過ごすことなんかないであろうことが、出不精の俺を動かしたんだ。

今年もよろしくね。
Commented by kantacantalavita at 2007-01-03 03:45
TONOさん、おめでとう。

いまいちあなたが踊り狂ってる様は想像つきませんが、楽しんだ様子は何よりです。2年前の今頃はY下君の家で飲んでたなあ。もう2年前!!ぎょえええええ。

今年は凱旋帰国の予定ですので、また遊んでください。
Commented by たていし at 2007-01-05 09:46 x
あけましておめでとうございます。
何かハプニングには事欠かない生活ですね。
僕もこんなにゆっくりしない正月は初めてです。
勉強しないと留年します。夏には帰国ですか??
とても楽しみです。今年もよろしくお願いします
Commented by kantacantalavita at 2007-01-07 07:44
たていし君、おめでとう。
女性にはもてないけど、ハプニングにはもてるねえ。

夏には帰国するよ、多分。
俺も勉強しないと卒業できないからね。
ぎゃあ。

コメントありがとう。
Commented by TONO at 2007-01-10 13:56 x
ほんまやね~ はやいな(笑)
もちろん飲み仲間が帰ってきてくれるのでバンバンザイです★
遊びましょ♪
Commented by kantacantalavita at 2007-01-11 03:02
TONOさん、コメントありがとう。
まとめて三つも。
今年もよろしく。

ええ~、お酒~?
う~ん、こっちでは全然飲んでないからなあ。
5リットルのワイン飲み干すのに半月かかるもん。
なんてね。

早く日本のジャンク飲み屋に行きたいです。
たこわさ、温泉卵とアボガド、軟骨から揚げ・・・。
あ、もちろん高級なところもね。

いやいや、まだ帰る前にすることいっぱいだ。
というか、何もしてないに等しい日々だからなあ。
偉そうには帰れないかもしれない。


<< 2007/01/02 火曜日      2006/12/31 日曜日 >>