KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 16日

続々・滞在許可証更新、いやいや僕は続いてほしくないんだ、全く。

前の滞在許可証が切れてから90日の猶予期間内に何とか更新申請ができました。何も知らずに2月1日の「幻の予約日」を待っていたらとんでもないことになるところでした。『KANTA CANTA LA VITA』です。情報くれた皆さんありがとう。

キットが手に入らないという状況も僕が探し始めた頃(先週くらい)がピークだったのか、今は最寄の郵便局にも置いてあるようでした。

驚いたのはあの封筒を求める、あるいはすでに持った外国人が郵便局にうじゃうじゃいるということです。ボローニャのはずれのそれほど大きくない郵便局でこれですので、一体どれだけの人が滞在許可証の新規申請と更新申請をしようとしているのか、見当もつきません。そうですよね、以前存在した(大いに踊らされた)更新の予約が3ヵ月後なんてコトがありえるんですから。僕が提出を終えて、残りの書類を整理している間に、4人が提出のために並び、2人がキット入手のために並び、2人の女の子と話をしました。

まず提出が済んでの最初の感想は、先の女の子も言ってましたが、「まったくわからない」。まあ、説明をそこそこ読めれば全くわからないことはないのですが、書類の説明が弱いのと甘いのと緩いのとで、あれは記入ミスがどっさり出るんじゃないですかねえ。記入しなきゃいけないところなのか、そうではないのかが曖昧なため、不要なところに記入してしまうミスは僕もしてしまいました。漏れてるよりはいいかとは思いますがどう転ぶかは同じく見当もつきません。

で、なにやら、審査が進むと自宅に郵便が届くらしく、それと写真を持ってどこか(大方comuneかquartiereでしょう、発行されるならどこへでも行きます)に行ってめでたく滞在許可証の受領らしいです。知らせの郵便は早く届くに越したことはないですが、嫌な返事(可能性がないとも言い切れない)だと困ったことになるので、半年くらいかけて審査してくれれば良いなあとも思います。国外への旅行はかなり厳しくなってきましたけど、イタリアで勉強しろとの啓示と受け止めています。

郵便局は人が多くて、正常な精神でなかったのも悔やまれます、もう一度確認しておけば。本当に大丈夫かなあと今頃になって心配になります。

これからの方々は、くれぐれも不備のないよう、確認に確認を重ね、郵便局では担当者の勢いに巻き込まれず動かされない山のような心持で挑んで欲しいです。彼らが確認するのは、更新の方なら今手元にあるペルメッソのコピーとパスポートのコピーだけです。それ以外は目もくれません。それ以外の学校関係、保険関係、お金関係、冊子は、より慎重さが求められるはずです、漏れがあって痛い目に遭うのは、私たちなのですから。例の「裁量」で、記入方法を教えてくれる人もいますが、彼らを極力あてにせず、窓口ではもう出すだけ、という風にしておくのがベストです。僕は複数ページに及ぶ書類はホチキスでとめて、最初のページに何の書類なのかの説明までつけました。乱雑なものが多い中で、担当者がわかりやすさに気を良くしてくれたら、もうけですからね。その辺のつけいる隙は、感じられました。感じられただけですけど。

ああ、こんなこと書いていたらどんどん不安になってきました。制度が変わったばかりということもあって、見通しがつかないことがこんなにも不安にさせるなんて。不幸な時期の不幸な更新だったのでしょうか。いつ来るとも知れない郵便を待つ苦しみ。(本当に郵便だったかという不安。)最初の壁のキット入手、その次の壁の提出が済んだのに、嫌な気分です。分けて欲しい方がいらっしゃれば無料で配れるくらいに暗い気持ちです。増幅された根暗。

あ、経費は、marca da bolloが14,62ユーロ、郵便局で58,50ユーロでした。封筒の重さを量っての値段ですので、提出書類の数が多くて封筒が重くなると料金は加算されるかも知れません。

おっと、受け取り確認書がペルメッソの代わりになるのですが、今それを見たら、住所欄のBolognaがBolognになってました。あがり症なのです。人生うまくいかないタイプです。

ああ、大好きな霧もこんな日は肺の中に重く居座ります。

では。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-01-16 19:17 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 寝て育つ子が寝て育った。      2007/01/16 火曜日 >>