KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 21日

an-an(アンアン)

8/17発売、1475号の特集は・・・、

『ルックスを3歳若く
     ココロを3歳大人にする方法103/
                   絶対効果のスキンケア』

ですって。

普段まったくそういう雑誌に興味ないのですが、奇しくも山形から遠く離れた土地に暮らす二人の知人女性が時を同じくしてこのことに触れていたので、少し気になりまして、男としてはこういうことに無神経でいてはいけないのでしょうか、などと自問したりしてます。

曰く、『女性が一番脅威に思うのが、男たちの「女の年齢」への視線。』だそうです。山崎まさよしあたりにインタビューしている所をみると、女性はにとってずいぶんと神経を使う問題なのでしょうか。彼は、女性を年齢では見ない、と断言している様子です。

まあそういうことを女性が気にするのもわかるような気もしますが、面白いのはその視線に対処対抗する方法が103つもあるということです。103つもやってれば、そりゃあ、内面はそれを読み、自身の頭で理解し、場合によっては行動に移す、その時間分だけは間違いなく大人になれる(あるいは歳をとれる)わけですが、果たして外見はどうでしょう。難しい顔して103つの若返る方法を読んでいたら、3歳若返ると言わず逆に3歳くらいあるいはそれ以上歳をとって見えてしまうような気もします。
















むむむ

103つの具体的な内容が知りたいです。

この雑誌を読んで、それまでそんなことまったく気にしていなかった素敵な女性が、一転いろんなことに気を使いすぎて思わぬ形で歳を重ねてしまわないことを祈ります。

若く見られたり老けて見られたり、はたまた年齢不詳などといわれる僕ですが、口で言うほどには歳をとることが嫌ではありません。ただ、心を伴わずに歳を重ねて自分の年齢を把握できない時がたまにありますけどね。



ちなみにan-an次号は、

『モテ服・モテ顔・モテ髪/Hなカラダ&Hな気分』

だそうです。

むむむむむ。おいらが気になっちゃう。

an-an1475号(あんあん、必死な子)、なんてね。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-08-21 00:27 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 8月21日      8月20日 >>