KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 15日

ラストスパート、あるいはようやく盛り上がってきた(勉強以外で)。

なかなか忙しい日々です『KANTA CANTA LA VITA』です。こんな書き出しもずいぶん久しぶりな気がします。

日本へ荷物を送りました。あの90キロはすべて、僕の脳に収まりきらない知恵なんだと思っています。船便なので、僕の知恵が水に濡れてカビに侵されたり、錆付いたりしないことを祈るばかりです。4回に分けて送った荷物ですが、毎回担当者が違って、それに伴い書類の書き方が違う。必要事項が違う。大事そうなスタンプをビニルの上から押したら消えてしまうと、僕なんかは考えちゃうんですけど、大丈夫なんでしょうか、イタリアでは。前に書いたレジのおばさんが、僕のことを「むっちゃエエ子 simpaticissimo」と呼び、とても親切にしてくれるのが救いです。

調子に乗ってバーゲンでジャケットを買ってしまいました。いやあ、イタリアのジャケットは格好良いねえ、などと言いつつレジに向かう途中で、"Made in Japan"のタグに気がつきました。日本製ということに、一度は心が折れそうになりましたが、何かの縁だろうし、第一、気に入っていたので購入に踏み切った(まさに踏み切った)次第です。思えば、イタリアでなかなか素敵なスニーカーにめぐり合えず、失意の中で訪れた6年前のロンドン。ふと立ち寄った店で、「さすがロンドン!」と言いながら即購入したスニーカーはイタリア製でした。僕のセンスなんて、そんなものです。

ODC以外の、とあるHPで記事を書くことになりましたが、かなり手こずっております。ふだんから「こういう」グダグダの文章しか書いていないツケが回ったようです。語彙不足と日本語の誤りは甚だしいにも程があります。

明日、この家を出ます。友人宅に滞在の後、しばらく旅行に出かける予定です。アムステルダム→フランクフルト→パリ、9日間の旅です。一応、外部コラムのための取材旅行と銘打ってはおりますが、その実、完全に私的な旅行です。6年前の、トルコもイギリスもギリシャもサルデーニャもほとんど怖いものなしで旅行した僕は、今はもういません。なんでこんなにも不安なのでしょう。お金がないからでしょうか? いえいえ、理由は明らかです。今は内緒にしておきますが、場合によっては、3,4日後には、日本からブログの更新が出来るかも知れません。それがヒントです。予定では、イタリアからの次の更新は、こちらの時間の7月25日夜には出来るかと思います。が、そうでない場合は・・・、どうしましょう。

とかなんとか言いながら、賢明な読者諸兄はお気づきでしょう。特集「滞在許可証更新のアレやコレ」が更新されていないことからもわかるように、最後の写真提出と指紋採取から2ヶ月、書類提出から6ヶ月、前許可証の期限が切れてから9ヶ月が過ぎようとしているにもかかわらず、依然、受領できておりません、イタリアの滞在許可証。ローマかボローニャか、その辺にはあるはずなんですけどね。こいつがないと、僕みたいな長期滞在者はヨーロッパの旅行が難しいらしいです。困ったものです。

そういう日々です。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-07-15 09:19 | 親愛なる日記 | Comments(6)
Commented by masaya at 2007-07-15 20:56 x
待っとるわ~!
Commented by 誰でしょう at 2007-07-16 00:35 x
ご無沙汰しております。
お元気そうで。
もう、帰ってくるんですか。
楽しみにしております。
Commented by igrek at 2007-07-19 02:58 x
気を付けて、帰ってきぃやー。
ま、大丈夫やと思うけどw
Commented by kantacantalavita at 2007-07-26 20:13
masaya、何を待ってるんだい?おれが強制送還されることをかい?それなら残念。きちんと、全日空で帰国するよ。
Commented by kantacantalavita at 2007-07-26 20:14
誰でしょうさん、誰かわかりません。少なくとも僕の帰国を待ってくれてる人がいることはうれしく思います。ありがとうございます。
Commented by kantacantalavita at 2007-07-26 20:15
igrek、うん。大丈夫だった。恐いと思う瞬間は何度かあったけど、まあ、海外一人旅だからね、そんなことは日常茶飯事さ。なんて、ボローニャにいる今だから言えるんだけどね。本当に恐かったんだよ。


<< 帰ってきました(ボローニャに)。      シネマテークにしねまっていこ(... >>