KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 30日

I want to be happy...

e0017332_6354880.jpg大変な1年になる気がする来年の前の年の、その年末です。簡単な言葉に言い換えれば、もうすぐあらゆる可能性を含んだ来年がやってきますね。来年早々には、ミスタードーナッツがオールドファッションを含む数点のドーナッツを値上げするそうです。オールドファッションなんか、11円も上がるそうじゃないですか。オールドファッション幹太の名でコラムを書く僕にとっては気が気でない未来の現実的象徴的表れじゃないかと、マレー熊マサシの如く頭を抱える日々です、『Kanta Canta La Vita』です。ODCのコラムが落ち続ける日々をここに謝罪しなければなりません。


"9.5mm厚のPC内蔵型DVDスーパーマルチドライブ機能付きBlu-ray Discドライブ"
 
パナソニックコミュニケーションズは27日、従来の12.7mmから9.5mmにまで薄型化を実現したパソコン内蔵型Blu-ray Discドライブのサンプル出荷を開始した。
 同ドライブは、薄型化と駆動感度を両立したレンズアクチュエータや薄型球面収差補正機構、小型光学構成といった同社独自の機能を採用することにより、BD-R/BD-RE共2倍速での記録、再生を実現したほか、BD-R DL(2層・50GB)/BD-RE DL(2層・50GB)の記録と再生にも対応する。さらに、今後発売が予定されている有機色素系BDメディアにも対応予定だ。このほか、8倍速でのDVD-R/+Rへの記録が可能なDVDスーパーマルチドライブ機能も搭載されている。
(12月28日14時6分配信  RBB TODAYより)


数字に反応してしまいましたが、新しい方でしたか。デジタルの世界はとどまることを知らないようです。同じ9.5mmでも、僕にとっては、古い方の9.5mm、とどまることを知っている9.5mm、もう変わることのない9.5mm、9.5mmであるものが9.5mmでなくなるということがフィルムの劣化を意味する9.5mm、すなわちパテベビーのフィルムこそが9.5mmです。少なくとも今はこっちに興味を持っています。「変わらないものは変わらないのに、変わるものは変わる」。流動的である予感がぬぐえない来年を目前にして、希望と不安の間で揺れる日々はいつまで続くのでしょう。果てしない高速度進歩も耐え難いものがありますが、僕の抱える問題は別次元で深刻です。

今朝の朝刊には、先日亡くなったジャズ・ピアニスト、オスカー・ピーターソンについての引用が載せられていました。

「うまいピアニストは多いが、彼は聴く人を無条件で幸せにしてくれた」


同業のピアニストの言葉だそうです。ならば、ここは、他力本願であることには目をつぶって、オスカーに幸せを分けてもらいましょう。

「それでは聴いてください。Verve Jazz Masters 37(Oscar Peterson)収録、"I want to be happy"。」



…幸せになってやる!
[PR]

by kantacantalavita | 2007-12-30 06:31 | 親愛なる日記 | Comments(0)


<< 今日は1月29日だ、2008年...      﨟たしアナベル・リイ総毛立ちつ... >>