KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2006年 03月 31日

大家から出された「妥協案」について①

僕が今の家を出て行くと言ったらあれほど満足そうだった大家のおばさんの、恐るべき態度の急変振りに驚きを隠せない『KANTA CANTA LA VITA』です。驚きを隠せないのと引越しを思い止まるのは全く次元が異なることが誰にとっても想像に難くない、あるいはほとんど既知の事実である、すなわち引っ越す意思に揺らぎはない、何一つ確かなものがない昨今においてこれに関してのみ絶対的に自信を持っております。

ある朝目を覚ますと、事態はすでに変化の兆しを見せていました。否、正確には事態の変化によって目が覚めたのです。それはまず、おばさんの歌声という形を帯びて顕れました。その歌声はあまりにも快活であったため、春眠暁を覚えないはずの僕もほとんど跳び起きたほどです。イタリア人なら朝っぱらからでも歌のひとつも歌うだろう、とお思いでしょうが、そして事実、彼女はそうしたタイプのイタリア人の内の一人なのですが、この数週間は少し事情が違います。間借り人である僕たちと大家である彼女の関係は日を追うごとに悪化し、それぞれがそれぞれの存在を無視して、あるいは無視しようとして暮らす毎日でした。気づかれないようにこっそり家に帰り、部屋に閉じこもる、お互いの存在を意識しながらも顔を合わさない限り挨拶もしない、そんな醜悪しくさえある毎日でした。ところがその日、のんびり寝ていたい土曜の朝にしては喧し過ぎるほどに彼女は歌っていたのです。歌うことによって自分の存在を主張し、その主張によって僕たち、否、僕を呼んでいるのです。目覚めと共にやってきた嫌な予感に、ハートは具体的に震え上がり、膀胱は象徴的に震え上がりました。抱えきれない不安を抱えてベッドから起き上がり、抑えがたい自然の欲求を抑えきれずトイレに向かいました。そして案の定、便器に辿り着く前に彼女に辿り着きました。ギラつく微笑み。微笑みがギラつくのは、微笑みだけではその喜びを表現できない時か、あるいはろくでもない悪巧みをしている時かであるとするならば、その日の彼女のそれはまぎれもなく後者です。

「この放蕩息子!! Sei un figlio prodigo!!」

唐突です。溢れんばかりであった尿意も忘れ、果たしてトイレに向かっているのか部屋に戻ろうとしているのかも判らなくなるほどに唐突です。言葉の意味も彼女の真意も彼女のそのニヤついた笑顔の理由もわからず、ただ「なぜ彼女は歌っているんだ?何を彼女は言っているんだ?彼女の歌声を聞き笑顔を見たのはいつが最後だ?そもそもなぜ彼女は笑顔なんだ?いったい彼女は数日前に『Cantaとはもう話をしたくない。』と言った彼女と同人物か?」と呆けたように自問を繰り返していました。あまりの混乱に辞書がうまく引けません。第一、朝まずしたことが呆気に取られることで、その次にしたことが辞書を引くことなんて一日は馬鹿げています。辞書でpridigoを見つけられない代わりに今やはちきれんばかりの膀胱の緊張感を取り戻し、逃げるように便所に駆け込みました。用を済ませ、昨夜一晩分の尿と一緒にその日いきなりの悪夢も流れてしまったことを祈りつつトイレを出ると、そこにはギラ・ニヤした笑いを浮かべた彼女が依然立っていたのです。(つづく)
(2006年3月28日)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-31 19:19 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 30日

いきなり暑いくらいの春になりました。

コールテンのジャケットを着てなんか自転車に乗れないくらい暑いBolognaから『Kanta Canta La Vita』です。街中に半袖の若者たちが現れ始めました。友人は、ボローニャの春は一ヶ月しかないからね、と不敵な笑いを浮かべてます。


昨日、IKEA家具に行ってきました。かなり郊外ですが、自転車を駆って、ちょっとした遠足気分でした。

日本ではあまり知られてないかもしれませんが、少なくとも僕は知らなかったのですが、ヨーロッパでは家具と言ったらIKEA、IKEAと言ったら家具、そんなイメージさえあるようです。ベッドを探していると言ったら、十中八九、「IKEAには行ったか?」と聞かれます。確かに恐ろしい品揃えで、IKEAに行けば家財道具は全てそろう、そんな店で、本拠地はスウェーデンなのですが、デザインも素敵だし、素敵なものが多いし、大阪なら南港とか伊丹空港内とかにあるような店の雰囲気です。恐ろしい品揃えと言いましたが、店内は歩くコースが決まっていて、看板に従えば店内を隈なく見て回れる、見て回らされる仕組みになっていまして、それゆえに普段からあまり「大量のモノ」に触れていない僕のような田舎者は、レジに着くころにはほとほと疲れ切ってしまいます。当然そうした店の仕組みにも店側の「考慮」がなされていて、疲れてきたり、子供が愚図り始めた頃にちょうどうまい具合に店内に併設されたIKEAレストランにたどり着くようになっています。大量にモノを買わされて、そのうえ飯まで食わされる、すさまじいばかりの仕組みです。また、店内のあちらこちらにIKEA仕様の買い物袋が置いてあって、いつの間にかその袋を手にしている、さらに気がつけばその袋にモノがあふれそうになっている、そんなことが多々起こりそうな恐るべき家具屋です。昨日の僕は、買い物袋にもレストランにも、その誘惑に打ち勝つことができました。ベッドの下見に行ったはずなのに、観葉植物や食器に目を奪われていたのに気づいたときにはさすがにヒヤリとしましたが、少なくとも、手ぶらで「買い物していない客用通路」から脱出しました。

このIKEA、恐ろしいのはその先にまだ、更なる罠が仕掛けてあることです。IKEAレストランの食材が売られている小さなショップとそれに併設されたファーストフード店が、その最後の罠で、外界の光が見え出したところにそれはあります。不思議なもので、あれほど何も買わないぞと心に決めていたはずなのに、手ぶらでレジを通り、その店の前に着くころには、「こんな遠いところまで来て何も買わないなんて、単なる浪費だなあ。」などと思ってしまっているのです。まして、自転車でうろつくには若干暑すぎるくらいの日和です、冷えたビールには抗えませんでした。そんなわけで、本当の意味で店外に脱出したときには、安くてまずいホットドッグと缶ビールという形を帯びた「浪費」が僕の手の中にありました。その脱出と言いましたが、何か知らん、自分が果汁を搾り取られた果物の残りかすであるように感じられ、自ら店外に出てきたのではなく、おいしいところを吸い取られたカスとして吐き出されたような印象を受けました。

恐ろしいところです、IKEA。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-30 23:25 | 親愛なる日記 | Comments(2)
2006年 03月 27日

箇条書きでごめんなさい

・家は決まりつつある (イタリアにおける家探しの酸いと甘い)
・現在の大家(関係が完全に崩壊した大家)が僕に残って欲しいと言い出した
  (彼女からの譲歩策の提案、僕に有利な条件提示、だまされん)
・Windows XPの、CDを読み取らないという問題 (なぜか知らん、今日になって復活)
・サマー・タイムになったのを知らずにいた
  (cinetecaに行ったらナンニ・モレッティの『監督ミケーレの黄金の夢』が半分終わっていて、それで気づく。
・友人が出来始めた (Claudio、Simona、Giacomo・・・)
・うわさには聞いていた『変な市場』を見に行く、夜には映画の上映が無料である 
  (ツァイ・ミン・リャンの『グッバイ・ドラゴン・イン』。『スイカの味』以来、ツァイはお気に入り)


それぞれについては、後日もう少し詳しく書く予定です。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-27 21:37 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 25日

ブラインドタッチ

ブラインドタッチができない『KANTA CANTA LA VITA』です。

やはり出来るに越したことないようです、こいつは。イタリアのインターネット・ポイントで見ていても感じるのですが、ちょっとでもパソコンに通じている人ならば、もう当然のようにブラインドタッチですね。ブラインドタッチも出来ないような人間は、イタリアのネット環境を悪く言う筋合いなどないようにさえ思われる今日この頃です。もちろんそれを出来ない人も、出来ないけど左右一本ずつの二本指でキーボードを恐ろしい速さで打てる人も、いるにはいますが、金属製の重たいタイプライターを打つようなその姿は些か前時代的ですし、何しろバチバチなるあの音は周りの人間にはいい迷惑です。何よりスマートさに欠けます。パソコンで文字を書くくらい、血走らずに何気なくやりたいものです。

幸か不幸か、今のところ家でネットが出来ないため、借りてきたCDの情報をパソコンが読み取らないので、曲のタイトルや作品名は全て手入力です。これを機会にブラインドタッチを身につけようかと思います。

ああ、ここまで書いただけで恐ろしく疲れてしまいました、何のためのモノか判らなくなりそうですが、頑張ってみます。

ここまででひどく時間がかかってしまったので、もう寝ます。
(2006年3月24日)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-25 19:50 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 24日

春の到来の、もうひとつの感じ方。

お店のショー・ウィンドウがすっかり春・夏物一色になったり、天気が不安定だったりで、何かと春を感じることは多いのですが、『KANTA CANTA LA VITA』がより如実にそれを感じるのは、街中にスカート姿の女性が増えたこと、です。春って、本当に良いものですね。

日本とは違い、他の街は知らん少なくともここボローニャでは、真冬にスカート姿の女性を見ることはほとんどありません。あるいはこの街の何処かの地区に、冬でもスカートを穿く集団が肩を寄せ合い、スカートの裾を重ね合いながらひっそりと暮らしているかも知れませんが、少なくともそうした地区にこの冬は辿り着けませんでした、などと考えてしまうくらいスカート姿の女性がボローニャから消えてしまっていたのです。ところが冬物のセールがすっかり終わったくらいから種々のスカート(を穿く女性)がちらほら現れ始め、一度現れてしまえば後はそれこそ春のツクシかオオイヌフグリかのごとく、ぞくぞくとそれに続く訳です。良いことです。風にスカートの裾ははためかせながら普段より心持ち内股加減で自転車に乗る素敵な中年女性や、それはもうお尻ではないのか知らんなどと男心を悩ませるようなスカートを穿く若い女の子、そんな何処となく春の到来を楽しんでいるような彼女たちにどきどきしながら街をうろつくのは、一部では助兵衛と表現されますが、それでもやはり心がうきうきします。自転車の変速を一番軽いのにしてゆっくり、それでいて一生懸命走っております。

あ、うろつくなんて言うと語弊がありますが、なんかかんかの用事があってうろついているのですよ、女の子を見る為だけにうろついているのではありません。当ブログの良心的な読者の皆様はそんな誤解はなさらないかとは存じますが、一応念のため。

そんな女性たちに較べ僕はというと、日本でもそうでしたが、冬から突然夏になる男ですので、今のところまだ厚ぼったいセーターに無意味にごついブーツ、耳まで隠れるニット帽に、首にはマフラーをぐるぐる巻きにして、いまだに真冬と変わらない格好です。シャツにジャケットだけというのはまだ早い気がしますが、いずれにせよかっこいいシャツもかっこいいジャケットも持ってませんので、おそらく気がついたときにはもうポロシャツ一枚になっているのではないかと考えております。

「こちらで見聞きしたこと、こちらで起こっていること、そうしたものを伝える人に、出来る限り(完全になどは無理なのだから出来る限り)まっさらな状態で報告するブログに、僕はしたいと思っています」などと書いた、昨日の今日ですが、いきなり個人的な思いをぶちまけた投稿です。理想と現実の隙間を如何に埋めるかを当面の目標に生きております。理想はあくまで高く、現実はあくまで低いのですけれどもね。

(2006年3月24日)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-24 19:18 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 23日

saxy sadie

sexy sadie what have you done
you made a fool of everyone
you made a fool of everyone
sexy sadie oh what have you done

sexy sadie you broke the rules
you layed it down for all to see
you layed it down for all to see
sexy sadie oh you broke the rules

one sunny day the world was waiting for a lover
she came along to turn on everyone
sexy sadie the greatest of them all

saxy sadie how did you know
the world was waiting just for you
the world was waiting just for you
sexy sadie oh how did you know

sexy sadie you'll get your yet
however big you think you are
however big you think you are
sexy sadie oh you'll get your yet

we gave her everything we owned just to sit her table
just a smile would lighten everything
sexy sadie she's the greatest of them all

she made a fool of everyone
sexy sadie
however big you think you are
sexy sadie
(Lennon-McCartney)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-23 19:46 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 22日

春ですねえ

晩酌に一瓶650円のブランデーを呑んでいる『KANTA CANTA LA VITA』です。眠れない夜もこれさえあればぐっすりです。ビールが好きだったはずなのに、こちらではほとんど飲んでいません。月にビン1本飲むか飲まないかくらいです、驚いています。すごく安いんですけどね、ヨーロッパのビールは。僕のお気に入りビールは660mlで0,66ユーロ、100円弱です。冬は赤ワインとブランデー(どっちも安い)で体を温め、夏はきっとこのビール(これ以外にも安くて美味いのがたくさんある)のお世話になることでしょう。

汗ばむ陽気だったり、凍えるような霧雨だったりで、春を感じさせる日々です。寒暖の差が激しいと鼻炎が出るのですが、ここ数年大人になったからか歳を取ったからか、こちらでも今のところ鼻はすこぶる調子良いです。春といえば日本では新生活、家探しですか。中々苦労してますが、思いの外楽しいですよ、イタリアでの家探しも。まだ幾分余裕があるからですかね、この家を出るまで。街中に張ってある空き家情報に目を配り、あるいはインターネットで検索したり、さらには自分で「空き家求む」と張り紙したり、そのようにして物件を探し、気に入ったものがみつかれば電話で部屋を見る約束をして、実際行くまでその部屋の間取りや近辺の様子を想像したりして過ごし、実際に見てがっかりしたり、逆に気に入ってまだ決めるには早すぎるような気がして悩んだり、こちらの家探しそんな具合でして、明日(つまり今日)も2件見に行く予定です。旧城壁の西側と東側なので移動が大変ですが、そうしたものを含む全てを楽しんでやってみます。不安定な春の天気が気になりますが、雨が降ったらどうするかは雨が降ったときに考えます。これは喩えでもあります。

なにやら最近の当ブログは、教訓臭くてうんざりしますね。果たしてそれは教訓でさえないのですが、何か知らん学ぶことが多すぎて、初めて知ることが多すぎて、そうした新しいことを並べてみるとこんな風に「教訓臭く」なってしまうのです。もっと落ち着いた生活、少なくとも本拠地が安定している生活を早く手に入れ、こちらで見聞きしたこと、こちらで起こっていること、そうしたものを伝える人に、出来る限り(完全になどは無理なのだから出来る限り)まっさらな状態で報告するブログに、僕はしたいと思っています。結果的には僕というフィルターを通す訳ですから必ずそこには「僕の見たイタリア」があるはずですが、まあそれはそれで面白いことはきっと多いのですが、それでもそこにはいずれかの形で「意味の拡がり」とか「解釈の余地」とかそうしたものが存在する、読んでくれる人の想像力をくすぐる、断定的ではない、そんなことを書きたいです。

あ、ひとつ、断定とまでは言いませんが、そして言いたくもないのですが、うすうす気になっていることがありまして、それは、この落ち着かない生活に「落ち着いている」、そんな気がしないではない、ということです。よくあることです。
(3月22日)

追記:こちらでもう4ヶ月も経ってしまいました。あの人は元気か知らん。
追記2:理想を語る前にまず行動。
(あ、これが教訓臭いのか。こういうのは胸の内にひそかに持っておくものですね。)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-22 18:44 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2006年 03月 21日

語彙力の低さ

言いたいことがあるときに、適切な言葉が見つからないのは日本語でもよくあることですが、イタリア語になると、これはもう「目に余る」を超えてます。

今日も大家と話をしていて、ほとんどけんかになって、それでうっかり彼女を侮辱する(少ししかその意図はなかったんです)ようなことを言ってしまいました。まさかあんな言葉が僕の口から出るとは。あんなこと言われたら誰でも怒ります。それを言ってしまったことで少なからず僕も傷つきました。彼女との関係は決定的に崩れ去りました。壊れかけていたものに、とどめを刺したのは結果的に僕でした。

さあ、本気で家探ししないと大変なことになります。語彙力はないですが、それくらいのことはわかります。

そんな『KANTA CANTA LA VITA』です。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-21 02:54 | 親愛なる日記 | Comments(1)
2006年 03月 20日

Jazz for life

バレンタイン・デーにヌテッラをくれたnodakoさんとその彼氏フランシスコに自慢のティラミスを作ってお返しをしようとしたのですが、そういう「いざ」という時には多かれ少なかれ失敗する『KANTA CANTA LA VITA』です。

大人の味にしようと思ってブランデーと白ワインを入れすぎてクリームは固まらない、サヴォイアルディ(ティラミスに入れるフカフカのビスケット)に含ませるコーヒーを少なくし過ぎてぼそぼそになる、といった具合に散々でした。それでもnodakoさんは優しかったです。

ティラミス作りを含む菓子作りを含む料理一般は中々奥深いなあと痛感しております。学ぶことは多いのです。

今日19日日曜日はボローニャの郊外で開かれている中古レコード・CD市に自転車で行ってきました。the Beatlesの”Please Please Me”の英国オリジナル・モノラル(ゴールド・パルロフォン)が1800ユーロだったのが一番の衝撃ですが、その外にも、浪漫主義者(?)的運命論者(?)的傾向のある僕は、”Art Blakey's Jazz Messengers With Thelonious Monk”という最近気になる二人の共演レコードを発見し、CDはすでに例の図書館で借りてコピーして持っているにもかかわらず、この偶然の出会いに感動し、その上でそのレコードを手に取ってしばらく随分長い間見入ってしまう、という具合に楽しんできました。基本的に古いもの、変わらないもの、長持ちするものが好きなようです。「見入る=買う気充分」な訳で、盤面に傷がなければ間違いなく買ってました、40ユーロ。その店のおじさんもそうでしたが、フランス人がやたらと多く、同じくらいに英語も飛び交っていて、この中古市の規模の大きさとヨーロッパの中古レコード市場の規模の濃密さ(あるいは狭さ)のようなものを感じました。テロニアス・モンクのレコードばかりを狙っている僕を見て店のおじさんがどこからか随分古そうなレコードを持ってきて、「これは『買い』だぞ」的なことをフランス語で言ってます。僕も負けじと「俺が探しているのはカルテットではなくトリオだ、アート・ブレイキーが参加したトリオだ」とフランス語で言い返します。否。単に「トリオ、トリオ!!」と吠えてるだけでしたが、どうやら通じたようで、「残念だがあるのはカルテットだけだ」的な苦笑いを浮かべます。僕も100ユーロ以上するものを出されても困るだけなので、そそくさと逃げてきました。こういう趣味はもう少し大人になって、お金を持っている人になった時のために取っておいたほうが良さそうです。絞まっている首をこれ以上絞めるようなことは今はすべきではないことは明らかなのです。とは言え、あの古いレコードのずっしりと重い感触は非常に魅力的です。嗚呼、物欲。

ジャズに関しては、僕の無知さ加減は甚だしく、またそれ以上に世界が広すぎて深すぎて、若干困っています。なにかきっかけが要るなあ、という訳で、ジャケットの格好良かったアート・ブレイキー(幸運にもそのドラム・プレイもかなり格好良い)と名前の格好良いテロニアス・モンク(幸運にも僕のあごひげは彼のそれにやや似ています、似せようとしてます)をまとめて聴いています。チェット・ベイカーもジャケットとトランペットの演奏は素敵なのですが、ヴォーカルが甘すぎるのでやや敬遠しております。何かお薦めがあったら教えて頂きたいものです。

同居人カップルは結果的には「追い出される」という形で、家探しを始めたようです。大家に言う、という点で先越された感はありますが、僕も4月1日入居を目指し、アート・ブレイキーの熱いドラムで自らを鼓舞しながら頑張ります。
(2006年3月19日)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-20 19:34 | 親愛なる日記 | Comments(1)
2006年 03月 19日

呑んでます。

どういうわけか、ここボローニャで昭和53年生まれの友人(内一人は山形県人)ができました、彼らと今呑んでます。久しぶりの、一ヶ月ぶりの飲み会です。一ヶ月前も彼らと呑んでたんですけどねえ。

今は、今食っているものがパスタか米かでモメてます。細かいパスタだというのが僕なんですけど、彼らは頑として譲らないんですけどね。ちなみに、イタリアで「なんだって?」って聞くときは“Come?(コメ?)”って言います。

パスタにしろコメにしろ、うまいから良いんですけどね。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-03-19 09:36 | 親愛なる日記 | Comments(2)