KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 28日

2007/02/28 水曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月27日(火)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.30- Le neo-avanguardie in America e in Europa. La scuola di New York.
       ~欧米のネオ・アヴァンギャルド ニューヨーク派~
       "COME BACK, AFRICA!"
        ライオネル・ロゴージン監督 Lionel Rogosin
        アメリカ 1960年 95分
        ボローニャ大学内の授業「ドキュメンタリーと実験映画」

 20.15- Cinema muto e città ~無声映画と街並み~
       "UNDERWORLD"
        『暗黒街』
        ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督 Josef von Sternberg
        アメリカ 1927年 110分
        チネテカ・フリウリCineteca del Friuli所蔵プリント
       "ROME ANTIQUE"
        パテ社Pathé製作 1911年
        チネテカ・ボローニャCineteca di Bologna所蔵プリント
        マルコ・ダルパーネMarco Dalpaneのピアノ伴奏

 22.30- I cattivissimi ~極悪映画~
       "THE SHINING"
        『シャイニング』
        スタンリー・キューブリック監督 Stanley Kubrick
        アメリカ 1980年 120分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.15- A cura dell'Associazione Fondo Pasolini di Bologna 
       ~在ボローニャ、パゾリーニ財団企画~
       "PIER PAOLO PASOLINI – UNA DISPERATA VITALITÀ"
        パオロ・ブルナット監督 Paolo Brunatto
        イタリア 1986年 95分

 22.15- Omaggio a Gabriele Muccino ~ガブリエーレ・ムッチーノ特集~
       "COME TE NESSUNO MAI"
        ガブリエーレ・ムッチーノ監督 Gabriele Muccino
        イタリア 1999年 88分

---------------------------------------------------------
【ひとこと】大学の授業が映画館と結びつくというのは、ある種の学生にはたまりません。映画館としても使われている教室、教室としても使われる映画館を、少なくとも4つ知っています。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-28 18:28 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 02月 27日

2007/02/27 火曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月27日(火)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 20.15- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68. Omaggio a Fassbinder
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す ファスビンダー特集~
       "FAUSTRECHT DER FREIHEIT"
        『自由の代償』
        ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 Rainer Werner Fassbinder
        西ドイツ 1974年 123分

 22.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "PARADISE NOW"
        Sheldon Rochlin監督
       アメリカ 1970年
       リヴィング・シアターLiving Theatreによる同名演劇の映画版
       "AGONIA"
        ベルナルド・ベルトルッチ監督 Bernardo Bertolucci
        イタリア/フランス 1969年 
        オムニバス映画『愛と怒り』"Amore e rabbia"の挿話
        リヴィング・シアターのパフォーマンスあり

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 19.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "PRIMA DELLA RIVOLUZIONE"
        『革命前夜』
        ベルナルド・ベルトルッチ監督 Bernardo Bertolucci
        イタリア 1964年 110分

 22.15- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "NOSTRA SIGNORA DEI TURCHI"
        『トルコ人たちのマドンナ』
        カルメロ・ベーネ監督 Carmelo Bene
        イタリア 1968年 125分
        国立チネテカCineteca Nazionale(ローマ)による修復プリント

---------------------------------------------------------
【ひとこと】ひと晩に観たい映画が4本(上映するプログラム全て)ある映画館って、すごい。すごすぎる。しかも上映作品に共通のテーマもある。オムニバスをバラバラにして上映するから、いざ全て観ようという時に挿話が足りなかったりするんじゃないのか??ザヴァッティーニ(?)の「葬列」はどこに行ったんだ。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-27 19:41 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 02月 26日

2007/02/26 月曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月26日(月)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.30- I cattivissimi ~極悪映画~
       "THE PUBLIC ENEMY"
        『民衆の敵』
        ウィリアム・A・ウェルマン監督 William A. Wellman
        アメリカ 1931年 84分

 20.30- Miloš Forman ~ミロス・フォアマン特集~
       "TAKING OFF"
        『パパ/ずれてるぅ!』
        ミロス・フォアマン監督 Miloš Forman
        アメリカ 1971年 93分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 22.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68. Omaggio a Fassbinder
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す ファスビンダー特集~
       "ANGST ESSEN SEELE AUF"
        『不安と魂』
        ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 Rainer Werner Fassbinder
        西ドイツ 1973年 91分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.00- Che musica, Maestro. Omaggio a Ennio Morricone
       ~なんという音楽を作られたんですか、先生!エンニオ・モリコーネ特集~
       "INDAGINE SU DI UN CITTADINO AL DI SOPRA DI OGNI SOSPETTO"
        『殺人捜査』
        エリオ・ペトリ監督 Elio Petri
        イタリア 1970年 114分

 22.15- Che musica, Maestro. Omaggio a Ennio Morricone
       ~なんちゅう音楽を作るんですか、先生!エンニオ・モリコーネ特集~
       "GIÙ LA TESTA"
        『夕陽のギャングたち』
        セルジョ・レオーネ監督 Sergio Leone
        イタリア 1971年 154分

---------------------------------------------------------
【ひとこと】観たい映画はたくさんあります。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-26 20:34 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 02月 25日

2007/02/25 日曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月25日(日)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 15.30- Schermi e lavagne - Cineclub per ragazzi
       ~スクリーンという黒板 少年少女シネクラブ~
       "HÄNSEL UND GRETEL"
        「ヘンゼルとグレーテル」(仮)
        アンネ・ヴィルドゥ監督 Anne Wild
        ドイツ 2006年 78分
        オリジナル言語版 イタリア語同時通訳あり
        8歳以上推奨

 17.30- Viaggio nell'Europa del Nord ~北ヨーロッパ映画の旅~
       "BREAKING THE WAVES"
        『奇跡の海』 
        ラース・フォン・トリアー監督 Lars von Trier
        デンマーク/スウェーデン/フランス/オランダ/ノルウェー/アイスランド 
        1996年 159分

 20.30- Viaggio nell'Europa del Nord. La finestra sul mercato
       ~北ヨーロッパ映画の旅 新作特集~
       "LAITALAUPUNGIN VALOT"
        アキ・カウリスマキ監督 Aki Kaurismäki
        フィンランド/ドイツ/フランス 2006年 

 22.30- Viaggio nell'Europa del Nord ~北ヨーロッパ映画の旅~
       "EFTER BRYLLUPPET"
        『アフター・ザ・ウェディング』
        スザンネ・ビエール監督 Susanne Bier
        デンマーク/スウェーデン 2006年 120分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 17.45- Cinema del presente ~新作特集~
       "LA SCONOSCIUTA"
        「見知らぬ女」(仮)
        ジュゼッペ・トルナトーレ監督 Giuseppe Tornatore
        フランス/イタリア 2006年 118分

 20.00- 同上

 22.15- 同上

【チネマ・アントニアーノ Cinema Antoniano】
 17.30- Schermi e Lavagne. Animazione: ultima generazione
       ~スクリーンという黒板 アニメーションの最新世代~
       "ICE AGE 2: THE MELTDOWN"
        『アイス・エイジ2』
        カルロス・サルダーニャ監督 Carlos Saldanha
        アメリカ 2006年 91分

---------------------------------------------------------
【ひとこと】トルナトーレの新作は、もう一回観たいです。この人には本当に泣かされますが、なぜ泣きたくなるのかきちんと見据えようと思います。今日の仕事のでき次第。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-25 19:24 | Cineteca Bologna | Comments(2)
2007年 02月 24日

リンク追加。

結局ここも、リンクすることにしました。なんせ便利なんですもの。

The Internet Movie Database、誰が呼んだかIMDb、非常に重宝してます。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-24 22:42 | 追加・更新・変更・リンク | Comments(0)
2007年 02月 24日

月間観た映画リスト2007年2月febbraio

2007年2月に観た映画です。(2007年2月23日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

"Pane, amore e fantasia", 『パンと恋と夢』, Luigi Comencini, 1953, Italia, 92min

"Lady Windermere's fan", 『ウィンダミア夫人の扇』, Ernst Lubitsch, 1925, USA, 89min

"L'oro di Napoli", 『ナポリの黄金』, Vittorio De Sica, 1954, Italia, 118min

"Yidische glikn", Aleksandr Granowskij, 1925, USSR, 100min

"Warnung vor einer heiligen Nutte", Rainer Werner Fassbinder, 1970, RFT, 103min

"Salomè", Carmelo Bene, 1972, Italia, 76min

"Francesco d'Assisi", Liliana Cavani, 1966, Italia, 111min

"Der Händler der vier Jahreszeiten", 『四季を売る男』, Rainer Werner Fassbinder, 1971, RFT, 89min

---------------------------------------------------------
【ひとこと】計8本!あるまじきことです。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-24 19:31 | 映画経験(filmについて) | Comments(8)
2007年 02月 24日

2007/02/24 土曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月23日(金)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17.30- Schermi e Lavagne: Cinenido – Visioni disturbate
       ~スクリーンという黒板 映画館がゆりかご~
       "LAITAKAUPUNGIN VALOT"
        アキ・カウリスマキ監督 Aki Kaurismäki
        フィンランド/ドイツ/フランス 2006年 78分

 19.00- 同上
       (上映前にカウリスマキの特集本の紹介あり。)

 21.00- 同上

 22.30- Viaggio nell'Europa del Nord ~北ヨーロッパ映画の旅~
       "EFTER BRYLLUPPET"
        『アフター・ザ・ウェディング』
        スザンネ・ビエール監督 Susanne Bier
        デンマーク/スウェーデン 2006年 120分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 17.45- Che musica, Maestro. Omaggio a Ennio Morricone
       ~なんという音楽を作るんですか、先生!! エンニオ・モリコーネ特集~ 
       "MISSION"
        『ミッション』
        ローランド・ジョフィ監督 Roland Joffé
        イギリス 1986年 121分

 20.00- Cinema del presente ~新作特集~
       "LA SCONOSCIUTA"
        「見知らぬ女」(仮)
        ジュゼッペ・トルナトーレ監督 Giuseppe Tornatore
        フランス/イタリア 2006年 118分

 22.15- 同上

---------------------------------------------------------
【ひとこと】トルナトーレ監督による映画の授業がボローニャであったはずなんですけど、どこでいつ見た情報なのかさっぱりわかりません。夢だったらよくできてます。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-24 19:23 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 02月 23日

2007/02/23 金曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月23日(金)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "LA CHINOISE"
        『中国女』
        ジャン=リュック・ゴダール監督 Jean-Luc Godard
        フランス 1967年 90分

 21.00- Viaggio nell'Europa del Nord. La finestra sul mercato
       ~北ヨーロッパ映画特集 最新作特集~
       "LAITAKAUPUNGIN VALOT"
        アキ・カウリスマキ監督 Aki Kaurismäki
        フィンランド/ドイツ/フランス 2006年 78分

 22.45- 同上

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.00- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68.
Omaggio a Fassbinder
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す ファスビンダー特集~
       "DER HÄNDLER DER VIER JAHRESZEITEN"
        『季節を売る男』
        ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 Rainer Werner Fassbinder
        西ドイツ 1971年 89分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕
 
 22.15- Omaggio a Gabriele Muccino ~ガブリエーレ・ムッチーノ特集~
       "ECCO FATTO"
        「ほら、できた」(仮)
        ガブリエーレ・ムッチーノ監督 Gabriele Muccino
        イタリア 1998年 88分

---------------------------------------------------------
【ひとこと】カウリスマキの新作ポスターを見かけましたが、完全にカウリスマキ作品でした。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-23 19:17 | Cineteca Bologna | Comments(4)
2007年 02月 23日

外部連載コラム裏話その5

チネテカ(内のチネマ・リュミエール)訪問について書いた外部連載コラムでイタリアの映画館における「休憩intermezzo」について少し触れましたが、先日読み終えたリチャード・ラウド著、村川英訳の『映画愛』という本に面白い、というか面白くなりそうな引用がありましたので、さらに引用します。

その夜は二つあるプロジェクターのうち一つしか動いていなかった。付け加えれば、プリントには字幕が入っていなかった。・・・・・・リールを変えるために十五分毎に明かりが点けられたが、このために映画のエピソードがふえたようにも思われた。こうした条件の下で上映されたにもかかわらず、フィヤードの傑作は、その魅力の背後に潜んでいる美学的な原理をはっきりとあらわしていた。映画が中断するたびに「アッ」という失望の声が上り、新たに再開されるたびに解決を望むため息が聞かれた。物語は我々の注意をひきつけ、我々は物語から生じる緊張感によって、ただそれだけで完全に魅了された。中断のために前のアクションが途切れることなど論外であった。・・・・・・〈以下次号〉によって生じる耐え難い緊張と不安な期待とは、物語がどのように続くかということよりも、中断された創造行為がどう展開されるかにあった。実際、フィヤード自身、彼の映画作りにおいて同じような手順を踏んでいた。彼は続編についてのアイディアを持っていなかった。朝のインスピレーションが浮かぶままに、次々と続きのエピソードを映画化していった。作家と観客は同じ状況にあったのだ。言いかえれば、「王とシェーラザード」の関係であり、映画館の暗闇で繰り返された中断はバラバラにされた『千夜一夜物語』に比することができた。


これは、同著p.112にあるアンドレ・バザンの引用で、出典は我らの教科書『映画とは何か』の第4巻だと脚注にあります。さらに訳注によれば、「ここでバザンは、オムニバス映画と新聞連載小説を比較し、〈次回へ続く〉という中断の意味を分析している」らしいです。今手元に『映画とは何か』がないので全文は確認できてませんが、面白いですね。前回の「裏話」で触れたリールと映画の上映の話を思い返せば、そう難しい話ではないはずです。連載小説における「つづく」とオムニバス映画における中断(挿話ごとの幕間)を、アラビアンナイトでシェラザードが王を「続きはまた明日の夜にね♡」と言ってじらすことによって他の女への夜這いをやめさせた逸話とのアナロジーで語っているわけです。

ルイ・フィヤードLuis Feuillade(IMDb)については未見なので多くは語れませんし、ほとんど偶然の一致で特に周到な準備もなく「朝のインスピレーション」的にコラム『シネマテークにしねまっていこ』を綴っているため、シェラザードのように聞き手である王(読者)をじらす意図は全くありません。それでも、隔週掲載という形式を取っているため図らずも連載小説的な雰囲気が出てしまっているのは自覚していたところですので、それで少なからぬ読者の方たちがじらされているのであれば、つまり2週間のintermezzoでじれるような読者がいてくれるのであれば、書き手としてはこの上ない喜びですし、もちろんそれくらいのものは目指したいのです。まあ、アナロジーで話をするならば、間違いなく僕のコラムは、フィヤードでもシェラザードでもなく「映写機1台でフィヤードの作品をやっつけ上映したシネマテーク・フランセーズの映写技師」的と言った方が正確なのはわかっています。

さて、バザン先生が断ち切られたフィヤード作品の上映で見出した「美学的な原理」とはなんでしょう。恐らくモンタージュのことを言っているのだとして間違いはないと思いますが、どうなんでしょう。映画においては切ることと繋ぐことはほとんど同義ですから、その切ったり繋いだり(モンタージュ)から生まれる意味を、「次号につづく」、「第1話終了」、あるいは「また明日の晩♡」や「休憩intermezzo」を通じて考えようとしていたのではないかしら。やろうとしていること自体がモンタージュ的です。

言及したのは良いけれど、行き着く先を見失っていた「休憩」についての話題を拾ってくれたのもアンドレ・バザン先生でした、という裏話。ラウドの『映画愛 ~アンリ・ラングロワとシネマテーク・フランセーズ~』についてはコラム内で触れていくことにします。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-23 01:31 | 映画とは何か(cinemaについて) | Comments(0)
2007年 02月 22日

2007/02/22 木曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年2月22日(木)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 20.00- I cattivissimi ~極悪(人)映画~
       "BLUE VELVET"
        『ブルー・ヴェルヴェット』
        デヴィッド・リンチ監督 David Lynch
        アメリカ 1986年 120分

 22.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68 Omaggio a Fassbinder
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す ファスビンダー特集~
       "DIE BITTEREN TRÄNEN DER PETRA VON KANT"
        『ペトラ・フォン・カントの苦い涙 』
        ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 Rainer Werner Fassbinder
        西ドイツ 1972年 124分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.30- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "SALOMÈ"
        『サロメ』
        カルメロ・ベーネ監督 Carmelo Bene
        イタリア 1972年 76分
        国立シネマテークCineteca Nazionale(ローマ)所蔵プリント

 22.15- L'immagine al potere. Il cinema riflette il '68
       ~力のある映像 映画は68年を映し出す~
       "FRANCESCO D'ASSISI"
        「アッシジの聖フランチェスコ」(仮)
        リリアーナ・カヴァーニ監督 Liliana Cavani
        イタリア 1966年 111分

---------------------------------------------------------
【ひとこと】カルメロ→ファスビンダーの二本立てで行こうと思っていましたが、カヴァーニの"FRANCESCO D'ASSISI"という作品は存在さえ知りませんでした。同監督は同じ題材を『フランチェスコ』("Francesco" 1989年)という作品でも扱ってて、そっちは存在は知っていましたが。これはファスビンダーをうっちゃる可能性もあります。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-22 18:26 | Cineteca Bologna | Comments(0)