KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 04月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2007年 04月 30日

"La domenica specialmente(特別な日曜日)"

ベルトルッチ(弟)の"La domenica specialmente"(『夜ごとの夢/イタリア幻想譚』の一挿話)をおぼえていない『KANTA CANTA LA VITA』です。

特別な体験をした昨日土曜日の話をする特別な日曜日、今日はそういう話です。

---------------------------------------------------------

特別なスルーパス、特別なシュート、特別な欠けた月

土曜日、昨日。いつもの公園のいつものサッカー場、少年たちの試合。一方的な試合だ、ボール支配率なんかあったものではない。橙色チームのキーパーのゴールキック以外はほとんど紺色チームの攻撃だった。こりゃあ、点が入るのも時間の問題だな。そう思うが早いか、ピッチ中央の混戦を切り裂く左ウィングからの一閃、ゴール前に走り込んだフォワードにどんぴしゃりのスルーパス。フォワードはディフェンダー一人を体格で圧倒しシュート、難なくゴール。「絵に描いた」ような、「テレビで観ている」ような得点劇。そのある種の予定調和は、橙色チームには申し訳なくは思ったのだけれど、実際に録画された映像でもう一度観ることができると完全に錯覚したほどだった。

しかしその錯覚の後にやって来た驚き。僕は何の疑いもなく録画再生を信じていて、目の前のできごとのテレビ中継的「くりかえし」を当たり前のように待っていて、実のところもう二度とあのシーンを観ることはできないことに気がつき愕然としたのだ。テレビに映るものとは違うものが目の前にはあったはずなのに、本当に本当に、あの瞬間が巻き戻し再生されると信じていた、願うことも祈ることもなく、ごく当然のこととして。

スルーパスの美しさとシュートの鮮やかさに感動したことは憶えている。しかしあの瞬間それぞれのプレイヤーがどう動いていたのか、なぜあの場面に感動したのか、まったく憶えていない。「まったく・憶えていない」のだ。その後に続いた驚きの大きさのせいもあるかも知れない。しかし思うに、くりかえし観ることができると信じ込んでいた「甘え」のようなものが、あの時あったのではないか。一瞬の出来事の記憶を鈍らせる甘え。ボタンを押せば巻き戻るだろう、あるいは誰か知らない人が再生映像に合わせて過剰なくらいに説明してくれるだろう、そういう甘え。

日曜日、今日。昨日のあのグランドの隣の芝生で、今、ヨガをしている。小さな女の子が「あれ、なにやってんの?」、その父親が「体操じゃないかな」と言いながらそばを通り過ぎて行く。ヨガのつもりなんだけどな、そう思いながら、マンテーニャの"Madonna della tenerezza"のように白い月を眺め、スルーパスとシュートに感動した昨日と同じように、また感動している。昨日の今日だからこの感動を逐一憶えておこう、そんなことはまったく考えない。結局のところ、完全な記憶力なんてものが、少なくとも僕の頭の中にはないことを知っているからだ。それでも目の前にあるものが、目の前で起こっていることが、テレビやビデオとは違う巻き戻し再生不可能な現実であることは、心のどこかに残しておこう。満ちるまでまだ日のある月の白さをマンテーニャ的と感じたことを覚えておこう。この月は明日の月とは違うのだ。テレビやビデオが流す再生映像なんかに甘えるな。そんなものを当然のものと思うな、信じるな。ディフェンダーのフォーメーションを切り裂いたスルーパスは、シュートとなってゴールキーパーの守りをすり抜けた。ゴールネットをぶちやぶって破裂したそのボールが、満ち足りぬ月となって僕の心に突き刺さっている。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-30 08:59 | 親愛なる日記 | Comments(0)
2007年 04月 30日

2007/04/30 月曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月30日(月)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.00- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "SONJA"
        Kirsy Marie Liimatainen監督
        ドイツ 2006年 71分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 20.15- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "NINA'S HEAVENLY DELIGHTS"
        Prathiba Parmar監督
        イギリス 2006年 94分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 22.30- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "SPIDER LILIES"
        Zero Chou監督
        台湾 2007年 94分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.00- Omaggio a Paolo e Vittorio Taviani ~タヴィアーニ兄弟特集~
       "PADRE PADRONE"
        『父/パードレ・パドローネ』
        パオロ/ヴィットリオ・タヴィアーニ監督 Paolo e Vittorio Taviani
        イタリア 1977年 120分

 19.45- Cinema del presente ~現在の映画~
       "LETTERS FROM IWO JIMA"
        『硫黄島からの手紙』
        クリント・イーストウッド監督 Clint Eastwood
        アメリカ 2006年 140分
       Cortometraggi che passione! ~短編映画 なんて情熱!~   
       "JAMAL"
        ルイゼッラ・ラティリア監督 Luisella Ratiglia
        イタリア 2006年 5分

 22.15- 同上


---------------------------------------------------------
【ひとこと】"NINA'S HEAVENLY DELIGHTS"はワイズポリシーという配給会社の人たちが参加したLONDON UK FILM FOCUSというイギリス映画の見本市で紹介があったようです。"SPIDER LILIES"はベルリン国際映画祭2007でTEDDY賞受賞作品らしいです。ホモセクシャルの賞でしたか。

ん?2007年の3分の1が終わろうとしている・・・。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-30 08:11 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 29日

2007/04/29 日曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月29日(日)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 15.30- Schermi e Lavagne. Cineclub per ragazzi. Amici animali
       ~スクリーンという黒板 少年少女映画クラブ 動物は友達さ~
       "HAPPY FEET"
        『ハッピーフィート』
        ジョージ・ミラー監督 George Miller 
        オーストラリア 2006年 87分
 
 18.00- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "ANDERS LEBEN-LESBEN IM ALTER"
        Isabel Rodde監督 
        ドイツ 2005年 61分
       "BLACK AND WHITE"
        Kirsty MacDonald監督
        ニュージーランド 2006年 17分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 20.00- Le strade dell'esodo ~国外への道~
       "OLTREMARE"
        「海を越えて」(仮)
        ネッロ・コッレアーレ監督 Nello Correale
        イタリア 1998年 95分 
        監督来場予定

 22.30- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "OUBLIER CHEYENNE"
        Valérie Minetto監督
        フランス 2006年 90分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 17.15- Schermi e Lavagne: Cinenido – Visioni disturbate
       ~スクリーンという黒板 映画館がゆりかご 上映中にごめんなさい~ 
       "LETTERS FROM IWO JIMA"
        『硫黄島からの手紙』
        クリント・イーストウッド監督 Clint Eastwood
        アメリカ 2006年 140分
       Cortometraggi che passione! ~短編映画 なんて情熱!~   
       "JAMAL"
        ルイゼッラ・ラティリア監督 Luisella Ratiglia
        イタリア 2006年 5分

 19.45- 同上

 22.15- 同上


---------------------------------------------------------
【ひとこと】いかんいかん、4月が終わる。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-29 07:40 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 29日

500のある風景(その3)

FIAT500(チンクエチェント)は、もちろんその容姿もさることながら、排気音が素敵です。文字で表すのは難しいですけれど、ビェビェビェビェビェ…、という風に僕には聞えます。自転車で町を走っていると後からやってくるチンクエチェントの、その音で「お、来たな」とわかるのです。しかもそれほどスピードが出ない(スピード狂は500になんか乗らない)ので、追い越される瞬間がずいぶん長いです。で、おもしろいのはその車内が覗けること。運転手の風貌は当然ながらそれぞれにそれぞれで、それでも車と一緒に年を取ったとしか思えないおばあちゃんや、なんかこだわりがありそうな青年などが車と一体になって走る様はなかなか見ものです。内装にもオーナーの愛着が見えて、今では「レトロ」になった色使いが良い味出してるシート、超小型車らしく余分なものが一切ない良い味出した簡素さ、ほとんど家なんじゃないかと見紛うほどの良い味出した家庭臭/生活感、そんなものがよく見えます。今の車に比べれば装備していない機能は山ほどありますが、それでも最新自動車が失った「なにか」があるような気がします。

e0017332_2311386.jpge0017332_2313387.jpge0017332_2314983.jpge0017332_232915.jpge0017332_5472280.jpg

e0017332_232494.jpge0017332_233285.jpge0017332_2331749.jpge0017332_2333292.jpge0017332_2334668.jpg

[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-29 02:35 | 日々の写真 | Comments(0)
2007年 04月 28日

2007/04/28 土曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月28日(土)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 20.30- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "ITTY BITTY TITTY COMMITTEE"
        ジェイミー・バビット監督 Jamie Babbit
        アメリカ 2007年 87分

 22.30- Nitrate Bodies ~ナイトレイト・ボディズ~
       "MY HAPPY FAMILY"
        Ekaterina Kharlamova監督
        ロシア 2006年 45分
       "OUR MUMS USED TO BE MEN"
        Julie Beanland監督 2006年 50分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕
        制作関係者来場予定

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 17.15- Schermi e Lavagne: Cinenido – Visioni disturbate
       ~スクリーンという黒板 映画館がゆりかご 上映中にごめんなさい~
       "LETTERS FROM IWO JIMA"
        『硫黄島からの手紙』
        クリント・イーストウッド監督 Clint Eastwood
        アメリカ 2006年 140分

 19.45- Cinema del presente ~現在の映画~
       同上
       Cortometraggi che passione! ~短編映画特集 なんという情熱!~
       "JAMAL"
        ルイゼッラ・ラティリア監督 Luisella Ratiglia
        イタリア 2006年 5分
 
 22.15- 同上

【チネマ・アントニアーノ Cinema Antoniano】
 17.30- Schermi e Lavagne. Cineclub per ragazzi. Amici animali
       ~スクリーンという黒板 少年少女映画クラブ 動物が友達さ~
       "FELIX 2 - DER HASE UND DIE VERFLIXTE ZEITMASCHINE"
        Giuseppe Maurizio Laganà監督
        ドイツ 2006年 82分


---------------------------------------------------------
【ひとこと】特集「ナイトレイト・ボディズ」は別にナイトレイト・フィルムのイベントじゃありません。レズビアン映画を含む女性の性についての3日間です。5月のチネテカ・プログラムが公開されました。オルミ特集その他、細々面白そうなの、未見作品があります。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-28 16:50 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 27日

続・ゾクゾク・続くゾ苦(ゾク・ゾクゾク・ゾククゾク)・・・、いや、もういいって。勘弁して。

イタリアにおける滞在許可証更新についての情報更新。

本日、移民担当局からの書留が届いた。
届けてくれたのは普通の郵便局員、
書留担当なのだろう、サインが書き込まれたリストを持っていた。

早速封を切る。
書類の作成日は4月12日、届くまでに2週間を擁したことになる。

インターネットで確認できること以上に記載されているのは、持参すべき物以下4点。
・召集状(この書留のことだ)
・背景が白色の顔写真4枚
・現在有効のパスポート
・申請時に提出したコピー書類の原本

呼び出しの目的として、「写真提出のための召集」とある。
その日に受け取れないのは判っている。
わかっている。

呼び出し時間は「8時38分」。
35分でも、40分でもなく38分。
「38」、"trentotto"、「トレントット」・・・、『取れんとっと』、九州弁か。
37分でなくって安心した。
「トレンタセッテ」・・・、「(許可証は)取れん(から、別の書類を)足せって!」

信じて良いのか、「38分」。
その時間に行っても並ばなければならない、
にもかかわらず早めに行っても事態は変わらない、
早めに並んで初めて、予定の時間には入れる、
そんな雰囲気は相変わらず漂っている。

まあ、今のところすこぶる順調だ。
解決などない、問題がないからだ。
問題はない。
問題は、ない。

次回更新が、出頭日であることを祈る。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-27 20:42 | 親愛なる日記 | Comments(1)
2007年 04月 27日

2007/04/27 金曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月27日(金)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17.30- Cinema e crudeltà ~映画と残酷さ~
       "FOOLISH WIVES"
        『愚なる妻』 
        エリッヒ・フォン・シュトロハイム監督 Erich von Stroheim
        アメリカ 1922年 117分
       "TOTÒ DIMAGRISCE"
        Emilio Vardannes監督
        イタリア 1911年 8分
        チネテカ・ボローニャCineteca di Bologna所蔵プリント
        マルコ・ダルパーネMarco Dalpaneのピアノ伴奏

 20.00- Le strade dell’esodo ~国外への道~
       "TENJA"
        Hassan Legzouli監督
        フランス 2004年 80分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 22.30- Uno sguardo al documentario. La finestra sul mercato
       ~ドキュメンタリー映画へのまなざし 市場へ開かれた窓~
       "NEIL YOUNG: HEART OF GOLD"
        『ハート・オブ・ゴールド ~孤独の旅路~』 
        ジョナサン・デミ監督 Jonathan Demme
        アメリカ 2006年 103分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 19.45- 40°anniversario della morte di Totò ~トト没後40周年記念~
       "UCCELLACCI E UCCELLINI"
        『大きな鳥と小さな鳥』
        ピエル・パオロ・パゾリーニ監督 Pier Paolo Pasolini
        イタリア 1966年 86分
       "LA TERRA VISTA DALLA LUNA"
        『月から見た地球』
        ピエル・パオロ・パゾリーニ監督 Pier Paolo Pasolini   
        イタリア 1967年 31分
       "CHE COSA SONO LE NUVOLE?"
        『雲って何?』
        ピエル・パオロ・パゾリーニ監督 Pier Paolo Pasolini
        イタリア 1967年 22分
        在ボローニャ・パゾリーニ財団Associazione Fondo Pasolini di Bologna企画

 22.15- Omaggio a Paolo e Vittorio Taviani ~タヴィアーニ兄弟特集~
       "SAN MICHELE AVEVA UN GALLO"
        「聖ミケーレは鶏を飼っていた」(仮)
        パオロ/ヴィットリオ・タヴィアーニ監督 Paolo e Vittorio Taviani
        イタリア 1972年 87分
        チネチッタ・ホールディングCinecittà Holding修復プリント


---------------------------------------------------------
【ひとこと】こういうプログラムは本当にうれしい悲鳴です。シュトロハイムとタヴィアーニの間は、フランス映画を観るか、ピッツァを食べるかにしましょうか。ニール・ヤングのドキュメンタリーとかどうしろっていうんですか・・・。トトの40回忌もおろそかになんかできないんですよ、全く!あとね、ついでだから繰り返し言わせてもらいますが、オムニバス映画をバラさないで下さい、『イタリア式浮気』とか『華麗なる魔女たち』とか、とにかく全部見たいんです、僕たちは。40回忌のトトと、無声映画のトトは違うトトで、後者のトトはシリーズモノ・コメディのキャラクターです。しかも監督のエミーリオ・ヴァルダンネス(?)Emilio Vardannesは、ジョヴァンニ・パストローネ監督の『カビリア』で、チョイ役ながら印象的なハンニバルを演じていた彼らしいです。あのアルプス越えの野外シーンや木を境目にした合成、雪原の兵士たちの俯瞰ショットは忘れられません。

---------------------------------------------------------
【後記】Emilio Vardannesについて、訂正と詳細。『カビリア』の中のハンニバルは彼ではありませんでした。演じているのはEdouard Davesnesで、Emilio Vardannesは複数のエキストラ的な小役を8役ほどこなしているようです。IMDbの情報だったため丸呑みしてましたが、去年発売されたカビリア研究本"Cabiria×Cabiria"によるとそういうことらしいです。信憑性は新情報の方だと思います。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-27 08:19 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 26日

2007/04/26 木曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月26日(木)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.15- Spazio aperto ~開かれた空間~
       "À BOUT DE SOUFFLE"
        『勝手にしやがれ』
        ジャン=リュック・ゴダール監督 Jean-Luc Godard
        フランス 1960年 89分

 20.15- Le strade dell’esodo ~国外への道~
       "EXILS"
        『愛より強い旅』
        トニー・ガトリフ監督 Tony Gatlif
        フランス/日本 2004年 104分

 22.30- Uno sguardo al documentario. La finestra sul mercato
       ~ドキュメンタリー映画へのまなざし 市場へ開かれた窓 最新作特集~
       "NEIL YOUNG: HEART OF GOLD"
        『ハート・オブ・ゴールド/孤独の旅路』
        ジョナサン・デミ監督 Jonathan Demme
        アメリカ 2006年 103分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.00- Doc in tour ~ドック・イン・ツアー ドキュメンタリー映画特集~
       "GIORNI IN PROVA. EMILIO RENTOCCHINI POETA A SASSUOLO"
        「試行錯誤の日々 エミーリオ・レントッキ:サッスオーロの詩人」(仮)
        ダリア・メノッツィ監督 Daria Menozzi
        イタリア 2006年 76分
        ダリア・メノッツィ、エミーリオ・レントッキ来場予定

 22.15- Il cinema di Giuseppe Tornatore ~ジュゼッペ・トルナトーレの映画~
       "LA LEGGENDA DEL PIANISTA SULL'OCEANO"
        『海の上のピアニスト』  
        ジュゼッペ・トルナトーレ監督 Giuseppe Tornatore
        イタリア 1998年 165分


---------------------------------------------------------
【ひとこと】トニー・ガトリフの"EXILS"を、安直に「エグザイルズ」とかせずに『愛より強い旅』としたのは、イマイチ良くわからないながら好感が持てます。明日まで映画を観ない予定でしたが、タヴィアーニ兄弟の新作"La masseria delle allodole"(雲雀の群れ〈仮〉)が終わってしまいそうなので、今晩観ようかしら。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-26 18:50 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 25日

2007/04/25 水曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月25日(水)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 16.00- Spazio aperto ~開かれた空間~
       "CASABLANCA"
        『カサブランカ』
        マイケル・カーティス監督 Michael Curtiz
        アメリカ 1942年 102分

 18.00- La finestra sul mercato ~市場に開かれた窓 最新作特集~
       "SANXIA HAOREN"
        『三峡好人』
        ジャ・ジャンクー監督 Jia Zhang-Ke
        中国 2006年 108分

 20.10- 同上

 22.30- 同上

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 18.15- Cinema del presente ~現代の映画~
       "UNO SU DUE"
        エウジェニオ・カップッチョ監督 Eugenio Cappuccio
        イタリア 2007年 100分

 20.15- 同上
       Cortometraggi che passione! ~短編映画集 なんて情熱!~
       "SOLKATTEN"
        Stina Bergman監督 
        スウェーデン 2004年 7分
 
 22.15- 同上


---------------------------------------------------------
【ひとこと】ジャ・ジャンクー作品、観ようかなとも思いましたが、考えるまでもなくイタリア語吹き替えです。やめました。ならばイタリアでイタリア映画を!
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-25 21:26 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2007年 04月 24日

2007/04/24 火曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年4月24日(火)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18.00- Spazio aperto ~開かれた空間~
       "CUL DE SAC"
        『袋小路』
        ロマン・ポランスキ監督 Roman Polanski
        イギリス 1966年 111分

 20.00- Schermi e Lavagne. Omaggio ad Astrid Lindgren
       ~スクリーンという黒板 アストリッド・リンドグレン特集~
       "BRÖDERNA LEJONHJÄRTA"
        『はるかな国の兄弟』
        オル・ヘルボム監督 Olle Hellbom
        スウェーデン 1977年 102分
        オリジナル言語版 イタリア語字幕

 22.30- La finestra sul mercato ~市場へ開かれた窓 最新作特集~
       "SANXIA HAOREN" (英題:STILL LIFE)
        「三峡好人」(原題)
        ジャ・ジャンクー賈樟柯監督 Jia Zhang-Ke
        中国 2006年 108分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.15- Cinema del presente ~現在の映画~
       "UNO SU DUE"
        エウジェニオ・カップッチョ監督 Eugenio Cappuccio
        イタリア 2007年 100分

 22.15- 同上


---------------------------------------------------------
【ひとこと】2006年ベネチア映画祭金獅子賞受賞作ってだからじゃないですけど、『三峡好人』は見たいです。"UNO SU DUE"とかも、来年のイタリア映画祭に呼ばれていきそうな雰囲気(ファビオ・ヴォーロとか)があるので、なんとかしたいんですけど。明日は解放記念日、ローマから友人が来るけれども一緒に見に行こうかしら。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-24 18:16 | Cineteca Bologna | Comments(0)