KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:月間観た映画リスト ( 10 ) タグの人気記事


2007年 06月 26日

月間観た映画リスト2007年6月giugno

2007年6月に観た映画です。(2007年6月26日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

---------------------------------------------------------

"Il vento fa il suo giro", Giorgio Diritti, 2005, Italia, 110min

"I pugni in tasca", 『ポケットの中の握り拳』, Marco Bellocchio, 1965, Italia, 110min

"City Lights", 『街の灯り』, Charles Chaplin, 1931, USA, 81min

---------------------------------------------------------
[PR]

by kantacantalavita | 2007-06-26 19:07 | 映画とは何か(cinemaについて) | Comments(3)
2007年 05月 28日

月間観た映画リスト2007年5月maggio

2007年5月に観た映画です。(2007年5月27日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

---------------------------------------------------------

"María Candelaria", Emilio Fernandez, 1943, Messico, 110min

"La masseria delle allodole", Paolo e Vittorio Taviani, 2007, Italia ecc., 122min

"I racconti di terramare", 『ゲド戦記』, Goro Miyazaki, 2005, Giappone, 115min

"Il mio vicino Totoro", 『となりのトトロ』, Hayao Miyazaki, 1988, Giappone, 85min

"Il posto", Ermanno Olmi, 1961, Italia, 98min

"Dialogo tra un venditore di almanacchi e un passeggere", Ermanno Olmi, 1954, Italia, 10min

"Pulcinella", Emanuele Luzzati, 1973, Italia, 12min

"La gazza ladra", Emanuele Luzzati/Giulio Gianini, 1964, Italia, 10min

"L'italiana in Algeri", Emanuele Luzzati/Giulio Gianini, 1968, Italia, 11min

"Il flaut magico", Emanuele Luzzati/Giulio Gianini, 1978, Austria, 51min

"Un uomo da bruciare", Valentino Orsini/Paolo e Vittorio Taviani, 1962, Italia, 92min

"I fidanzati", Ermanno Olmi, 1963, Italia, 76min

"Vacanze nelle colonie sicedison", Ermanno Olmi, 1958, Italia, 13min

"La circostanza", Ermanno Olmi, 1974, Italia, 96min

"Cammina cammina", Ermanno Olmi, 1983, Italia, 171min

"Totò che visse due volte", Daniele Ciprì/Fraco Maresco, 1988, Italia, 90min

"La passion de jeanne d'arc", 『裁かるゝジャンヌ』, Carl Th. Dreyer, 1928, Francia, 85min

"Lungo il fiume", Ermanno Olmi, 1991, Italia, 80min

"Milano", Ermanno Olmi, 1989, Italia, 10min

"La leggenda del santo bevitore", 『聖なる酔っ払いの伝説』, Ermanno Olmi, 1988, Italia, 125min

"Le diable probablement", Robert Bresson, 1977, Francia, 100min

"Il mestiere delle armi", 『ジョヴァンニ』, Ermanno Olmi, 2000, Italia ecc., 100min

"Il tempo si è fermato", Ermanno Olmi, 1959, Italia, 93min

"L'albero degli zoccoli", 『木靴の樹』, Ermanno Olmi, 1978, Italia ecc., 170min

---------------------------------------------------------
[PR]

by kantacantalavita | 2007-05-28 19:25 | 映画経験(filmについて) | Comments(24)
2007年 05月 01日

月間観た映画リスト2007年4月aprile

2007年4月に観た映画です。(2007年4月30日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

---------------------------------------------------------

"Le streghe", 『華やかな魔女たち』, Luchino Visconti ecc., 1966, Italia ecc., 118min

"I sovversivi", Paolo e Vittorio Taviani, 1967, Italia, 110min

"Sotto il segno di dello scorpione", 『蠍座の星の下』, Paolo e Vittorio Taviani, 1968, Italia, 100min

"Il mulino del Po", 『ポー川の水車小屋』, Alberto Lattuada, 1949, Italia, 107min

"Centochiodi", Ermanno Olmi, 2007, Italia, 92min

"Foolish wives", 『愚なる妻』, Erich von Stroheim, 1921, USA, 117min

"Totò dimagrisce", Emilio Vardannes, 1911, Italia, 8min

"Uccellacci e uccellini", 『大きな鳥と小さな鳥』, Pier Paolo Pasolini, 1966, Italia, 86min

"La terra vista dalla luna", 『月から見た地球』, Pier Paolo Pasolini, 1967, Italia, 31min

"Che cose sono le nuvole?", 『雲って何?』, Pier Paolo Pasolini, 1967, Italia, 22min

"San Michele aveva un gallo", Paolo e Vittorio Taviani, 1972, Italia, 82min

---------------------------------------------------------
【ひとこと】計11本の長短編。タヴィアーニ兄弟の初期作品が観れたのは良かった。新作も楽しみ。夏の予定が完全に一個なくなったので、5月からは「きっちり勉強きっちり映画」で行きたい(生きたい)ものです。あ、もう一回言っておこう、オムニバス映画をバラすな!!
[PR]

by kantacantalavita | 2007-05-01 20:42 | 映画経験(filmについて) | Comments(11)
2007年 04月 18日

月間観た映画リスト2007年3月marzo

2007年3月に観た映画です。(2007年3月31日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

---------------------------------------------------------

"Blackmail", 『恐喝(ゆすり)』, Alfred Hitchcock, 1929, GB, 84min

"La macchina cinema", 前編, Silvano Agosti ecc., 1979, Italia, 110min

"Matti da slegare", Silvano Agosti ecc., 1975, Italia, 140min

"Gli ultimi giorni di pompei", 『ポンペイ最後の日』, Mario Caserini, 1913, Italia, 55min

"Katorgà", Julij Rajzman, 1928, URSS, 72min

"Obsession", 『愛のメモリー』, Brian De Palma, 1975, USA, 94min

『六月の蛇』, Shinya Tsukamoto, 2002, Giappone, 77min

"L'orchestra di Piazza Vittorio", 『ヴィットリオ広場のオーケストラ』, Agostino Ferrente, 2006, Italia, 93min

"Voci nel tempo", Franco Piavoli, 1996, Italia, 87min

"Les chemins du retour", Jean-Louis Comolli, 1982, Francia, 55min

"L'ultima utopia - Rossellini e la televisione", Jean-Louis Comolli, 2006, Francia, 90min

"Le peintre, le poète et l'historien", Jean-Louis Comolli, 2004, Francia, 28min

"L'Affaire Sofri", Jean-Louis Comolli, 2001, Francia, 65min

---------------------------------------------------------
【ひとこと】計13本。観る映画の数が異常に増えるのは悪い傾向なのだけれども 減るのは良いのか悪い傾向かはわからない。ジャン=ルイ・コモリのドキュメンタリーを観ていて、やっぱりドキュメンタリーはわからんなあと思っていたけど、その後の座談会の話とかを聞くとフムフムなるほどなどと思ってしまう。これは単に、作品の受け取り方がなってないってことなんだろう。しかも作品によっては、物語映画よりも、そこで言葉で語られていることが重要な性格は強いんだから、フランス語がわからんなどと言ってるやつは、ほとんど居ながら居ないようなものなのかも知れん。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-04-18 19:43 | 映画経験(filmについて) | Comments(15)
2007年 02月 24日

月間観た映画リスト2007年2月febbraio

2007年2月に観た映画です。(2007年2月23日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

"Pane, amore e fantasia", 『パンと恋と夢』, Luigi Comencini, 1953, Italia, 92min

"Lady Windermere's fan", 『ウィンダミア夫人の扇』, Ernst Lubitsch, 1925, USA, 89min

"L'oro di Napoli", 『ナポリの黄金』, Vittorio De Sica, 1954, Italia, 118min

"Yidische glikn", Aleksandr Granowskij, 1925, USSR, 100min

"Warnung vor einer heiligen Nutte", Rainer Werner Fassbinder, 1970, RFT, 103min

"Salomè", Carmelo Bene, 1972, Italia, 76min

"Francesco d'Assisi", Liliana Cavani, 1966, Italia, 111min

"Der Händler der vier Jahreszeiten", 『四季を売る男』, Rainer Werner Fassbinder, 1971, RFT, 89min

---------------------------------------------------------
【ひとこと】計8本!あるまじきことです。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-02-24 19:31 | 映画経験(filmについて) | Comments(8)
2007年 01月 31日

月間観た映画リスト2007年1月gennaio

2007年1月に観た映画です。(2007年1月30日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

"Dillinger è morto", Marco Ferreri, 1969, Italia, 95min

"Novecento", 『1900年』, Bernardo Bertolucci, 1976, Italia ecc., 318min

"L'amour à mort", Alain Resnais, 1984, Francia, 92min

"La battaglia di Algeri", 『アルジェの戦い』, Gillo Pontecorvo, 1966, Algeria ecc.. 121min

"Mélo", 『メロ』, Alain Resnais, 1986, Francia, 112min

"Kapò", 『戦慄のナチ収容所/ゼロ地帯』, Gillo Pontecorvo, 1960, Italia ecc., 102min

"The Fearless Vimpire Killers", 『吸血鬼』, Roman Polanski, 1967, GB/USA, 108min

"What?", 『ポランスキの欲望の館』, Roman Polanski, 1972, Italia ecc., 112min

"Repulsion", 『反撥』, Roman Polanski, 1965, GB, 105min

"I bambini ci guardano", 『子供たちは見ている』, Vittorio De Sica, 1943, Italia, 85min

"On connaît la chanson", 『恋するシャンソン』, Alain Resnais, 1997, Francia, 120min

"La grande strada azzurra", 『大きな青い海』, Gillo Pontecorvo, 1957, ITALIA ecc., 95min

"Pas sur la bouche", 『巴里の恋愛協奏曲』, Alain Resnais, 2003, Francia ecc., 115min

『銀色の髪のアギト』, Sugiyama Keiichi, 2006, Giappone, 95min

"驕傲的將軍", 盛特偉 Te Wei, 1956, Cina

"小鯉魚跳龍門", He Yumen, 1958, Cina

"小蝌蚪找媽媽", 『おたまじゃくしがお母さんを探す』, 盛特偉 Te Wei, 1960, Cina

"三個和尚", 『三人の和尚』, 徐景達 Ah Da, 1980, Cina

"猴子撈月", 周克勤 Zhou Keqin, 1981, Cina, 10min

"鷸蛙相争", 『しぎと烏貝が相争う』, 胡進慶 Hu Jinqing, 1983, Cina, 10min

"螳螂捕蝉", 胡進慶 Hu Jinqing, 1988, Cina, 5min

"山水情", 『琴と少年』, 盛特偉 Te Wei, 1988, Cina, 20min

"草人", 胡進慶 Hu Jinqing, 1985, Cina, 10min

"Morderstwo", 『殺人』, Roman Polanski, 1956, Polonia, 2min

"Rozbijemy zabawe", 『パーティを破壊せよ』, Roman Polanski, 1957, Polonia, 8min

"Usmiech zebiczny", 『微笑』, Roman Polanski, 1956, Polonia, 2min

"Dwaj ludzie z szafa", 『タンスと二人の男』, Roman Polanski, 1958, Polonia, 15min

"Lampa", 『灯り』, Roman Polanski, 1959, Polonia, 8min

"Gdy spadaja anioly", 『天使が失墜するとき』, Roman Polanski, 1959, Polonia, 22min

"Ssaki", 『哺乳類』, Roman Polanski, 1962, Polonia, 10min

"Senso", 『夏の嵐』, Luchino Visconti, 1954, Italia, 122min

"Unplagged al cinema", Aldo/Giovanni/Giacomo, 2006, Italia, 100min

『時をかける少女』, Nobuhiko Oobayashi, 1983, Giappone, 104min

"Le guerre est finis", 『戦争は終った』, Alain Resnais, 1966, Francia ecc., 121min

"Je t'aime, je t'aime", Alain Resnais, 1968, Italia, 91min

"Berlinguer ti voglio bene", Giuseppe Bertolucci, 1977, Italia, 90min

"Ladri di biciclette", 『自転車泥棒』, Vittorio De Sica, 1948, Italia, 93min

"Sciuscià", 『靴みがき』, Vittorio De Sica, 1946, Italia, 93min

"Miracolo a Milano", 『ミラノの奇跡』, Vittorio De Sica, 1951, Italia, 92min

"Umberto D.", 『ウンベルトD』, Vittorio De Sica, 1952, Italia, 91min

"Direktøren for det hele", Lars von Triar, 2006, Danimarca, 99min

---------------------------------------------------------

2007年1月は上記の長短編41作品を鑑賞。『1900年』でのち初チネテカ、アラン・レネ特集終了、ロマン・ポランスキー特集前半終了、やや空振りのジッロ・ポンテコルヴォ劇映画特集(『アルジェの戦い』はやっぱりすごかった)、FFFの中国アニメーション、デ・シーカ(ザヴァッティーニだ!)再考最高。2月は鬼門のジャーマン・ニュー・シネマの旗手ファスビンターと、(毎度興奮度が)危険なロシア無声映画特集(於大学)後編、未見のアメリカ・ネオアヴァンギャルド(マヤ・デレン)だ。濃い。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-01-31 07:39 | 映画経験(filmについて) | Comments(41)
2006年 12月 28日

月間観た映画リスト2006年12月dicembre

2006年12月に観た映画です。(2006年12月27日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

---------------------------------------------------------

"LO SQUADRONE BIANCO", 『リビア白騎隊』, Augusto Genina, 1936, Italia, 96min

"TOKYO GODFATHERS", 『東京ゴッドファーザーズ』, Kon Satoshi, 2003, Giappone, 90min

"DODES'KA-DEN", 『どですかでん』, Akira Kurosawa, 1970, Giappone, 126min

"SHICHININ NO SAMURAI", 『七人の侍』, Akira Kurosawa, 1954, Giappone, 200min

"AELITA", 『アエリータ』, Jakov Protazanovm 1924, USSR, 113min

"COEURS", Alain Resnais, 2006, Francia ecc., 120min

"OKTJABR'", 『十月』, Sergei M. Eiseinstein, 1927, USSR, 103min

"BARYSNJA I CHULIGAN" (The Young Lady and the Holligan), Evgenij Slavinskij, 1918, RSFSR

"SAKMATNAJA GORJACKA" (Chess Fever), Vsevolod Pudovkin/Nikolaj Soujivski, 1925, USSR

"JAGODKA LJUBVI" (Love's Berries), Aleksandr P. Dovzenko, 1926, USSR

"VAN GOGH", 『ヴァン・ゴッホ』, Alain Resnais, 1947, Francia

"GAUGUIN", 『ゴーギャン』, Alain Resnais, 1950, Francia

"HOROSHIMA MON AMOUR", 『二十四時間の情事』, Alain Resnais, 1959, Francia ecc.

"STAROE I NOVOE (Old and New)", 『古きものと新しきもの』, Sergei M. Eiseinstein, 1926-29, USSR, 89min

"L'ANÉE DERNIÈRE À MARIENBAD", 『去年マリエンバードで』, Alain Resnais, 1961, Francia ecc., 94min

"KRUŽEVA" (Lace), Sergej Jutkevič, 1928, USSR, 77min

"MURIEL, OU LE TEMPS DE LE RETOUR", 『ミュリエル』, Alain Resnais, 1963, Francia ecc., 115min

"DOM NA TRUBNOJ", 『トルブナヤの家』, Boris Barnet, 1928, USSR, 65min

"SPIDER", 『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』, David Cronenberg, 2002, Canada ecc., 98min

"ECCE BOMBO", 『青春のくずや~おはらい』, Nanni Moretti, 1978, Italia, 102min

"TOUTE LA MÉMOIRE DU MONDE", 『世界の全ての記憶』, Alain Resnais, 1956, Francia, 21min

"LE CHANT DU STYRÈNE", 『スチレンの唄』, Alain Resnais, 1958, Francia, 19min

"GUERNICA", 『ゲルニカ』, Alain Resnais, 1950, Francia, 13min

"NUIT ET BROUILLARD", 『夜と霧』, Alain Resnais, 1955, Francia, 32min

"C'ERA UNA VOLTA IL WEST", 『ウエスタン』, Sergio Leone, 1968, Italia, 167min

"FITSCARRALDO", 『フィッツカラルド』, Werner Herzog, 1982, Peru ecc., 158min

"STAVISKY", 『薔薇のスタビスキー』, Alain Resnais, 1974, Francia ecc., 120min

"GLI ULTIMI GIORNI DI POMPEI", 『ポンペイ最後の日々』, Mario Bonnard, 1959, Italia, 100min

"NÓZ W WODZIE", 『水の中のナイフ』, Roman Polanski, 1962, Polonia, 94min

"GRIZZLY MAN", Werner Herzog, 2005, USA, 103min

"PROVIDENCE", 『プロビデンス』, Alain Resnais, 1977, Francia ecc., 110min

"THE MAN WHO RAUGHS", 『笑う男』, Paul Leni, 1928, USA, 110min

"LA VIE EST UN ROMAN", Alain Resnais, 1983, Francia, 110min

"LE LOCATAIRE", 『テナント/恐怖を借りた男』, Roman Polanski, 1976, Francia ecc., 125min

---------------------------------------------------------
【ひとこと】アラン・レネの初期ドキュメンタリー作品は衝撃でした。考えることも多いです。2月にはソヴィエト映画特集の第二部が始まります。引き続き期待。(計34本)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-12-28 10:15 | 映画経験(filmについて) | Comments(35)
2006年 12月 01日

月間観た映画リスト2006年11月novembre

2006年11月に観た映画です。(2006年11月30日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。


---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

"NOSTRA SIGNORA DEI TURCHI", 『トルコ人たちのマドンナ』, Carmelo Bene, 1968, Italia, 125min

"DON GIOVANNI", Carmelo Bene, 1970, Italia, 80min

"CAPRICCI", Carmelo Bene, 1969, Italia, 89min

"L'IVRESSE DU POUVOIR", Claude Chabrole, 2006, Francia ecc., 110min

"JARDINS EN AUTOMNE", 『秋の庭(仮題)』, Otar Iosseliani, 2006, Francia ecc., 115min

"DOM ZA VESANJE", 『ジプシーのとき』, Emir Kusturica, 1988, Jugoslavia ecc., 142min

"L'UCCELLO DALLE PIUME DI CRISTALLO", 『歓びの毒牙(きば)』, Dario Argento, 1969, Italia, 103min

"SALOMÈ", Carmelo Bene, 1972, Italia, 71min

"OPERAI, CONTADINI", 『労働者たち、農民たち』, Jean-Marie Straub/Daniele Huillet, 2001, Francia ecc., 123min

"UN AMLETO DI MENO", Carmelo Bene, 1973, Italia, 70min

"HERMITAGE", Carmelo Bene, 1968, Italia, 25min

"UNDERGROUND", 『アンダーグランド』, Emir Kusturica, 1998, Jugoslavia ecc., 192min

"IL GIARDINO DEI FINZI CONTINI", 『悲しみの青春』, Vittorio De Sica, 1970, Italia, 90min

"GLI INNAMORATI", Mauro Bolognini, 1955, ITALIA, 82min

"LA SCONOSCIUTA", Giuseppe Tornatore, 2006, ITALIA ecc., 118min

"AGRIPPINA", Enrico Guazzoni (Cines Roma), 1911, Italia, 15min

"MADAME ROLAND", Enrico Guazzoni (Cines Roma), 1912, Italia, 13min

"ROBINET AVIATORE", Luigi Maggi (Ambrosio Torino), 1911, Italia, 4min

"TONTOLINI IPNOTIZZATO", (Cines Roma), 1910, Italia, 3min

"BATTAGLIA SUL PIAVE", 1916, Italia, 11min

"CENERENTOLA", Eleuterio Rodolfi, 1913, Italia, 30min

"IL BAULE MISTERIOSO", (Cines, Roma), 1919, Italia, 10min

"KRI KRI GALLINA", (Cines, Roma), 1913, Italia, 5min

"LA FLOTTA E GLI ESERCITI A SALONICCO", 1916, Italia, 28min

"AGRIPPINA", Enrico Guazzoni, 1911, Italia, 15min

"TONTOLINI IPNOTIZZATO", (Cines, Roma), 1910, Italia, 3min

"(LA PANTOMIMA DELLA MORTE)", Mario Caserini, 1915, Italia, 30min

"LA CADUTA DI TROIA", Giovanni Pastrone/Luigi Romano Borgnetto, 1911, Italia, 30min

"CRETINETTI E L'AGO", (Itala film, Torino), 1911, Italia, 3min

"GIORNALE DELLA GUERRA D'ITALIA N.2", 1917, Italia, 5min

"LA NAVE BIANCA", 『白い船』, Roberto Rossellini, 1941, Italia, 70min

"LA SIGNORA SENZA CAMELIE", Michelangelo Antonioni, 1953, Italia ecc., 98min

"VOCI NEL TEMPO", Franco Piavoli, 1996, Italia, 86min

"SILVIO PELLICO", Livio Pavanelli, 1915, Italia (Alba-Film, Roma), 70min

"KRI KRI MARTIRE DELLA SUOCERA", 1915, (Cines, Roma)Italia, 3min

"KRI KRI E CHECCO AL CONCORSO DELLA BELLEZZA", 1913, (Cines, Roma), Italia

"IN TRINCEA", 1917, ITALIA, 11min

"CENERE", Febo Mari, 1916, Italia, 44min

"ACROBATI COMICI", 1911, Italia, 3min

"PAESI DEVASTATI DALLA GUERRA: SAN MARTINO DEL CARSO", 1917, Italia, 7min

"LA SFIDA DEL SAMURAI", 『用心棒』, Akira Kurosawa, 1961, Giappone, 110min

"ROMANTICISMO", Carlo Campogalliani, 1915, Italia

"ROBINET SI ALLENA PER IL GIRO D'ITALIA", Luigi Maggi, 1912, Italia

"INGRESSO DEGLI ITALIANI A TRENTO E A ROVERETO", 1918, Italia, 16min

"CABIRIA", 『カビリア』, Giovanni Pastrone, 1914, Italia, 180min

---------------------------------------------------------
【今月のまとめ】
これまで培ってきたと思っていた文法が通用しないという意味で理解を超える作家たち、ジャン=マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ、カルメロ・ベーネ。カルメロについては資料を揃えつつある。ミケーレ・カノーザ先生の授業「映画学」での特集上映"A nuova luce(新しき光に)"、来月はロシア映画特集、フィルム上映しかも無料という企画を立てられる先生と大学とそれを可能にしているイタリアのシネマテークその他全てに感謝。日本で見れない新旧イタリア映画のDVDを図書館から借りてみるようにしている。まだまだ観たい監督作品は多い。(計44作品)
[PR]

by kantacantalavita | 2006-12-01 08:01 | 映画経験(filmについて) | Comments(47)
2006年 11月 01日

月間観た映画リスト2006年10月ottobre

2006年10月に観た映画です。(2006年10月31日現在)

「コメントcomment」では、感想やらメモやらを観た作品ごとにまとめて記しております。多くは単語レベルでの雑記ですが、個人的な関心ごとという点から、使われている技術と物語の関係、さらには物質としてのフィルムへの言及を話題の主としつつ、その都合上物語の結末などにも触れる場合があります。それを理解いただいたうえで、更なるコメントなど寄せていただけましたら幸いです。

10月に関しては、ポルデノーネ無声映画祭で観た分は含みません。ポルデノーネ無声映画祭については、右のタグ「映画祭」で報告しております。

---------------------------------------------------------

以下、"原題", 『(あれば)邦題』, 監督, 製作年, 製作国, 上映時間

"O PRINCIPIO DA INCERTEZA", 『家宝』, Manoel de Oliveira, 2002, Portogallo ecc., 133min

"FRANCISCA", 『フランシスカ』, Manoel de Oliveira, 1981, Portogallo, 166min

"VALE ABRAÃO", 『アブラハム渓谷』, Manoel de Oliveira, 1993, Francia ecc., 187min

"CROSS OF IRON", 『戦争のはらわた』, Sam Peckinpah, 1975, USA, 133min

"FRÄULEIN ELSE ", Paul Czinner, 1929, Germania, 90min

"THE LOST WORLD OF FRIESE-GREENE", BBC, 2004, Inghilterra, 117min

"IL GENERALE DELLA ROVERE", 『ロベレ将軍』, Roberto Rossellini, 1959, Italia, 132min

"PHANTOM OF THE PARADISE", 『ファントム・オブ・パラダイス』, Brian De Palma, 1974, USA, 92min

"SNAKE EYES", 『スネーク・アイズ』, Brian De Palma, 1998, USA, 98min

"BODY DOUBLE", 『ボディ・ダブル』, Brian De Palma, 1987, USA, 109min

"THE UNTOUCHABLE", 『アンタッチャブル』, Brian De Palma, 1987, USA, 119min

"THE ELEPHANT MAN", 『エレファントマン』, David Lynch, 1980, GB ecc., 124min

"CARRIE", 『キャリー』, Brian De Palma, 1976, USA, 97min

"DRESSED TO KILL", 『殺しのドレス』, Brian De Palma, 1980, USA, 105min

"LETTERE DAL SAHARA", Vittorio De Seta, 2006, Italia, 123min

"QUEI LORO INCONTRI", Jean-Marie Straub/Daniele Huillet, 2006, Italia ecc., 68min

"DIE BÜCHSE DER PANDORA ", 『パンドラの箱』, Georg Wilhelm Pabst, 1929, Germania, 131min

"LA NUOVA CAMERIERA È TROPPO BELLA", produzione Ambrosio, 1912, Italia, 6min

"LA POULE AUX OEUFS D'OR", Gaston Velle, 1905, Francia, 13min


---------------------------------------------------------

10月は驚異的な映画祭を1週間過ごしたことが一番の映画経験でした。生涯これほど濃密な、無声映画でこれほどまでに満たされた一週間はこれからあるのでしょうか。一方、ポルデノーネ無声映画祭が月間のハイライトではありますが、オリヴェイラとデ・パルマという(僕の中で)新しい作家にも触れた発見の月でもあります。オリヴェイラに関しては日本では回顧上映でもない限りまとめて観ることは不可能な作家ですし、デ・パルマはその逆で巷にあまりにもソフトが出回っているためにいつでも観れる「気」がして、結局遠退いてしまう作家です。で、それぞれにそれぞれの発見があって、特にデ・パルマについては、クローネンバーグ以降少しずつ広がりつつある僕の守備範囲の、「広がった方」に属するという意味では本当に「みつけた」という印象が強いです。来月以降はどんな発見が待っているのでしょうか、僕自身が楽しみです。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-11-01 05:27 | 映画経験(filmについて) | Comments(21)
2006年 10月 01日

月間観た映画リスト2006年9月settembre

月間「観た映画リスト」を作り始めました。カテゴリー「映画経験」がそれになる予定です。10月からは右下commentsに一口感想を書く予定です。全て予定です。

鑑賞次第更新していきます。映画の感想、コメントって苦手ですけど、「苦手」で済まない状況にありますので、極力書いていきます。邦題はわかった場合のみです。アルファベット表記じゃないと収まらないので、勘弁。


"following", 『フォロウィング』, Cristopher Nolan, 1998, GB, 70min
"suspiria", 『サスペリア』, Dario Argento, 1977, IT, 99min
"quattro passi fra le nuvole", 『雲の中の散歩』, Alessandro Blasetti, 1942, IT, 90min
"un giorno in barbagia", Vittorio De Seta, 1958, IT, 11min
"pastori di orgosolo", Vittorio De Seta, 1958, IT, 11min
"pescherecci", Vittorio De Seta, 1958, IT, 10min
"lu tempu de li pisci spata", Vittorio De Seta, 1954, IT, 11min
"contadini del mare", Vittorio De Seta, 1955, IT, 10min
"isole del fuoco", Vittorio De Seta, 1955, IT, 11min
"surfarara", Vittorio De Seta, 1955, IT, 10min
"pasqua in sicilia", Vittorio De Seta, 1955, IT, 11min
"parabola d'oro", Vittorio De Seta, 1955, IT, 10min
"i dimenticati", Vittorio De Seta, 1959, IT, 20min
"un uomo a metà", Vittorio De Seta, 1966, IT, 94min
"per qualche dollaro in più", 『夕陽のガンマン』, Sergio Leone, 1965, IT ecc., 130min
"lettere dal sahara", Vittorio De Seta, 2005, IT, 100min
"il tetto", 『屋根』, Vittorio De Sica, 1956, IT, 110min
"maddalena, zero in condotta", Vittorio De Sica, 1940, IT, 79min
"prima comunione", Alessandro Blasetti, 1950, IT ecc., 90min
"il caimano", Nanni Moretti, 2006, IT ecc., 112min
"il posto", Ermanno Olmi, 1961, IT, 98min
"blade runner", 『ブレード・ランナー』, Ridley Scott, 1982, USA, 117min
"banditi a orgosolo", 『オルゴソロの盗賊』, Vittorio De Seta, 1961, IT, 91min
"aleksandr nevskij", 『アレクサンドル・ネフスキー』, Sergei M. Eiseinstein, 1938, URSS, 108min
"belle toujour", Manoel de Oliveira, 2006, FRANCIA ecc., 70min
"eraserhead", 『イレイザーヘッド』, David Lynch, 1976, USA, 100min

---------------------------------------------------------

後記:以上26本を9月は観ました。最近、何か発見がないなあ、明らかに驚きが減っているなあと思っていたのは、おそらくは、知らず知らずに「選り好み」をしていたからではないかと思います。全てを観ることはできないから、必然的に観たい順番ができてしまうのがこれまでの僕の言い分でしたし、いまもそれは仕方がないとは思っていますが、それでも傾向化はしたくないのです。「映画に関係することで私に関係のないことはない」を基本的なスタイルにしていたいと常々思って生きてはいます。
[PR]

by kantacantalavita | 2006-10-01 21:23 | 映画経験(filmについて) | Comments(10)