KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Vittorio De Seta デ・セータ ( 16 ) タグの人気記事


2007年 06月 28日

ヴィットリオ・デ・セータ(Vittorio De Seta)

いつものODC(大阪ドーナッツ・クラブ)で、イタリアの映画監督ヴィットリオ・デ・セータをお宝アーティストとして紹介しております。ブログで書く機会を失っていたのでちょうど良かったです。山形とかで上映したいなあ。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-06-28 03:57 | 追加・更新・変更・リンク | Comments(0)
2006年 10月 05日

ヴィットリオ・デ・セータのフィルモグラフィ

未確認の部分はまだ多いですが、とりあえず作ってみました。追々、追加・編集する予定です。

イタリックがオリジナルタイトル、「」は日本未公開作品(原題をなんとなく訳してみました)、『』は日本公開時の邦題です(1本だけですけど!!)。

詳細はコチラ
[PR]

by kantacantalavita | 2006-10-05 03:56 | 映画とは何か(cinemaについて) | Comments(0)
2006年 09月 17日

2006/09/17 日曜日

【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 15:30~ "CURIOUS GEORGE"
         Matthew O'Callaghan
         USA 2006年 86分
 18:00~ "THE HUDSUCKER PROXY"
         『未来は今』
e0017332_2020280.jpg         コーエン兄弟 Joel and Ethan Coen
         イギリス/ドイツ/USA 1994年 111分
 20:15~ "RADIO AMERICA"
 22:30~ "THE BIG LEBOWSKI"
         『ビッグ・リボウスキ』
         コーエン兄弟 Joel and Ethan Coen
         USA/イギリス 1998年 117分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 19:30~ "8½"
         『8½』
         フェデリーコ・フェッリーニ Federico Fellini
         イタリア/フランス 1963年 138分
 22:15~ "LETTERE DAL SAHARA" 
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-17 20:20 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 09月 17日

2006/09/16 土曜日

e0017332_3253456.jpg【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17:30~ "PLAYTIME"
         『プレイタイム』
         ジャック・タチ Jacque Tati
         フランス/イタリア 1967年 126分
 20:00~ "WORKINGMAN'S DEATH"
         ミハエル・グラウガー Michael Glawogger
         オーストリア/ドイツ 2005年 122分
 22:30~ "RADIO AMERICA"
         ロバート・アルトマン Robert Altman
         USA 2006年 105分



【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20:15~ "I DOLCI INGANNI"
         『17歳よさようなら』
         アルベルト・ラットゥアーダ Alberto Lattuada
         イタリア/フランス 1960年 95分
 22:15~ "LETTERE DAL SAHARA"
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-17 03:26 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 09月 15日

2006/09/15 金曜日

【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18:00~ "BARTON FINK"
         『バートン・フィンク』
         コーエン兄弟 Joel and Ethan Coen
         USA/イギリス 1991年 116分
 20:30~ "LA VILLA SANTO SOSPIR"
         『サント・ソスピール荘』
         ジャン・コクトー Jean Cocteau
         フランス 1952年 36分
          (上映前にチャップリンの世界旅行に関する短編ドキュメンタリの上映)
 22:30~ "FARGO"
         『ファーゴ』
         コーエン兄弟 Joel and Ethan Coen
         USA/イギリス 1996年 98分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 19:00~ "UN MALEDETTO IMBROGLIO"
         『刑事』
         ピエトロ・ジェルミ Pietro Germi
         イタリア 1959年 106分
 21:00~ "LETTERE DAL SAHARA"
         ヴィットリオ・デ・セータ Vittorio De Seta
         イタリア 2005年 100分
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-15 20:58 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 09月 14日

2006/09/14 木曜日

【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 18:00~ "MON ONCLE"
         『ぼくの伯父さん』
         ジャック・タチ Jacque Tati
         イタリア/フランス 1958年 110分
 20:15~ "MILLER'S CROSSING"
         『ミラーズ・クロッシング』
         コーエン兄弟 Joel and Ethan Coen
         USA 1990年 115分
 22:30~ "BUBBLE"
         スティーヴン・ソダーバーグ Steven Soderbergh
         USA 2005年 73分
  
【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 19:45~ ヴィットリオ・デ・セータ特集
        "UN GIORNO IN BARBAGIA"
         イタリア 1958年 10分
        "PASTORI DI ORGOSOLO"
         イタリア 1958年 11分
        "PESCHERECCI"
         イタリア 1958年 10分
        "LU TEMPU DI LI PISCI SPATA"
         イタリア 1954年 11分
        "CONTADINI DEL MARE"
         イタリア 1955年 10分
        "ISOLE DI FUOCO"
         イタリア 1955年 11分
        "SURFARARA"
         イタリア 1955年 10分
        "PASQUA IN SICILIA"
         イタリア 1955年 11分
        "PARABOLA D'ORO"
         イタリア 1955年 10分
        "I DIMENTICATI"
         イタリア 1959年 20分
 22:15~ "IL VANGELO SECONDO MATTEO"
         『奇跡の丘』
         ピエル・パオロ・パゾリーニ Pier Paolo Pasolini
         イタリア/フランス 1964年 142分

        
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-14 19:10 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 09月 13日

2006/09/12 火曜日

【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17:45~ "AGNES UND SEINE BRUDER"
 20:00~ "THE DRAUGHTSMAN'S CONTACT"
         『英国式庭園殺人事件』
         ピーター・グリナウェイ Peter Greenaway
         イギリス 1982年 108分
        "TWENTY MINUTES OF LOVE"
         チャールズ・チャップリン Charles Chaplin
         USA 1914年 15分
        "BARCELLONA E IL SUO PARCO"(原題不明)
         パテPathé製作作品
         フランス 1912年 3分
        "RESIDENCE ROYALE À SANT'ANNA DI VALDIERI"
         ルーカ・コメリオ Luca Comerio
         イタリア 191?年 
 22:30~ "THE DEVIL'S REJECTS"
         『デビルズ・リジェクト~マーダー・ライド・ショー2~』
         ロブ・ゾンビ Rob Zombie
         USA/ドイツ 2005年 109分

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20:15~ "UN UOMO A METÀ"
         ヴィットリオ・デ・セータ Vittorio De Seta
         イタリア 1966年 94分
 22:15~ "L'AVVENTURA"
         『情事』
         ミケランジェロ・アントニオーニ Michelangelo Antonioni
         イタリア 1960年 140分
       
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-13 19:15 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 09月 11日

2006/09/11 月曜日

【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17:45~ "HANNA FLANDERS"
 e0017332_2142226.jpg
19:45~ "MIRT SOST SHI AMIT"
        (英題:HARVEST 3000 YEARS)
        Haile Gerima
        エチオピア 1976年 150分

 22:40~ "BLOOD SIMPLE"
        『ブラッド・シンプル』
        コーエン兄弟 Coen brothers
        USA 1984年 99分


【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
e0017332_1572832.jpg 20:10~ "BANDITI A ORGOSOLO"
        『オルゴソロの盗賊』 
        ヴィットリオ・デ・セータ Vittorio De Seta
        イタリア 1961年 98分

 22:15~ "MAMMA ROMA" 
        『マンマ・ローマ』
        ピエル・パオロ・パゾリーニ Pier Paolo Pasolini
        イタリア 1962年 98年
[PR]

by kantacantalavita | 2006-09-11 01:26 | Cineteca Bologna | Comments(0)
2006年 07月 27日

Il cinema ritrovato 2006 (8日目)

【8日目(2006/7/8)】
9:00 ジェルメーヌ・デュラック特集。『リュミエール工場の出口』は見逃すも、『チート』(断片)の途中から入場、Planet+1で観たのがすごく良かったので全編観たかった。アベル・ガンスの"La roue"。植物を低速撮影(ゆえに映像は速い)の"La croissance des végétaux"は途中しばしば停止する。DVDか。

10:00 1906年特集ヴァイタグラフVitagraph版。メモがほとんど読めないので、解読可能な部分だけそのまま転載。「完全に体調不良 10:00-"1906" vitagraph いつも一番前の真ん中に座るよくしゃべるおじさんは誰だ? G.HE 浮浪…→パン(ワンショット)同時性→食卓と広間 周期的に傷み 子供が寝た後の… … 食卓の… … アニメーション 傾く…家ドリー 回転して鬼が出てくる カメラが回るか グリフィス以前の技術 "100 to 1 shot" 新聞を(文字を)見せる cleaness & contrast 競馬双眼鏡フレーム 金ふりまく 何が言いたいのかわからん 笑い声 the mill girl …良く寝た」 「良く」寝たって・・・。

11:15 アルベルト・ラットゥアーダ特集。"Venga a prendere il caffè... da noi"。昨冬のウーゴ・トニャッツィ特集以来、彼は大好きである。3姉妹と交互に手をつなぐモンタージュ、「強い」男という決まり役。カタログを読むと「カメラのフェティシズム」や「フロイト」という文字が見えるが、それとは全く関係なくトニャッツィを楽しむ。いや、全く関係ないことはないのだろう。ただ僕が認識できていないだけ。未熟な映画言語。

14:45 発見・修復特集。"The Open Road"。最終日にしてこの衝撃。1コマずつ交互に青(緑)と赤に染色されたフィルムの短い映写、ちらつきが甚だしい(昔あるアニメーションでこんな映像が流れ、それを見た子供たちが不調を訴える、なんてことがありましたね)、その後本来の"The Open Road"の上映。カメラを携えてグレート・ブリテンを旅する、行く先々で様々な映像を撮影する、絵画的に美しいフレーミング。問題は、「自然色」的に色が見えること。動きの速い部分などに青や赤を感じることはあるが、なんという美しさ。目が熱い。5年前に一人で旅行したハイランド、ベンネヴィス、フォート・ウィリアムス、只ならぬ映像と特別な思い出がオーバーラップしてしばし呆然。憶えておこう、Claude Friese-Greene(とその父William)、the biocolour processとFriese-Greene's system。
e0017332_21363684.jpge0017332_21364980.jpge0017332_2137253.jpg
詳細はBBCのHP(英語)で読めます。僕も原理がイマイチわからないのでもう少し調べてみます。



16:00 ウィリアム・S・ハート特集。"Tumbleweeds [Hart's prologue 1939 reissue]"。この後に上映される"Tumbleweeds"を在りし日のハート(老いてもあの顔)がカウボーイ姿で荒野に現れて語る。英語なのでよくわからないが、無声映画の俳優の力、声を出したらさらにすごい(ということも少なからずある)。

16:30 暗い上映室を出て、走ってCinema Arlecchinoへ。ヴィットリオ・デ・セータの"Banditi a Orgosolo"。強烈な白黒映像と強烈な思い出(嗚呼、思えばスコットランド旅行の後はサルデーニャにいたあの日々)がオーバーラップしてしばし呆然。憶えておこう、Vittorio De Setaとヤギのチーズ。(近々、文章書いてみます。しばしお待ちを。)

22:00 チャップリン・プロジェクト。ボローニャの街の中心マッジョーレ広場で『ニューヨークの王様』の野外上映。高校生のころ以来で、大いに楽しむ。

FINE
[PR]

by kantacantalavita | 2006-07-27 21:02 | 映画経験(filmについて) | Comments(3)
2005年 11月 04日

04/11/05

Cinema Lumière1 シネマ・リュミエール1
  ・16:30~ ≪GENDER BENDER FESTIVAL 2005≫


Cinema Lumière2 シネマ・リュミエール2
  ・19:20~ "IL MONDO NUOVO"、監督:エットレ・スコラ (Ettore Scola)、1982年、150分
  ・22:15~ "BANDITI A ORGOSOLO"、監督:ヴィットリオ・デ・セータ、1961年、98分


Sala Cervi チェルヴィ・ホール
  ・15:00~ ≪In cerca di Pasolini. 1975-2005, a trent'anni dalla morte≫
          ~没後30年特集 パゾリーニを探して 1975年-2005年~
          展示会『Una strategia del linciaggio e delle mistificazioni ~私刑と欺瞞の策略~』

近接のチェルヴィ・ホール(チェルヴィの間?)でパゾリーニの没後30周年を記念した展示会が開催されています。その一環として『La strategia della trasgressione ~違犯の策略~』という座談会が開催されるようです。パゾリーニの映画、映画理論、有名すぎる謎の死といったことに詳しくないことを差し引いても、いったいどういう展示会なのか、どういう座談会なのかイタリア語からは見当もつきません。あしからず。
[PR]

by kantacantalavita | 2005-11-04 15:13 | Cineteca Bologna | Comments(0)