人気ブログランキング |

KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 28日

赤いビル。

今夕、煮込みうどんを作りながらテレビからのニュースに耳を傾けていたら、興味深くも耳を疑いたくなるニュースが飛び込んできました。

「赤いビルに周辺住民が抗議運動」。

まさか、まさか、まさかあの赤いビルではないでしょうね。




赤いビル。_e0017332_22445347.jpg



ええ、あの赤いビルでした。明日開館予定の東京イタリア文化会館新舎。

過激な赤のファサード(建物正面の装飾)の撤去・塗り替えを求めた抗議の声が、地域住民を含む2100人分もの署名となってイタリア大使館と千代田区役所に提出されたとの事です。

イタリアの公立の大学、美術学校、音楽学校への留学を希望するものは一度は乗り越えねばならない壁、それがこのイタリア文化会館とそこに提出する書類です。あまりの厳しさにこの段階で留学を断念する、あるいはそうせざるを得ない学生も過去にはいたとかいないとか。ボローニャ大学は国立ですので、僕も旧舎には二度行きました。僕も例外なく苦しい思いをして今に至ります。できることならもう二度と行きたくありません。そんなところです。東京イタリア文化会館。そして、その旧舎の道向かいにできたのが今回の新舎です。僕はこの赤いビルに対して、見ようによってはイタリアっぽいなかなかに斬新なそのおしゃれさ具合に、好印象を抱くと同時に何か知らん妬みというか僻みというか、「イタリア気取りやがって。」といったようなちょっと歪んだ感情も持っておりました。あるいは、これに似たものが今回署名した2100人にもあったのかも知れません。あの辺は皇居あり、靖国神社あり、武道館ありと、なんとなく「出る杭は打たれる」雰囲気の漂う地区です。あの赤い壁は、そう意味ではまさに格好の餌食なわけです。

それにしても、今日の報道の熱の入れよう。この赤い壁のほぼ真正面にある大学の学生の「授業に集中できません。」という声や、色彩学者(?)の「赤という色によってイライラや興奮が引き起こされる。」というコメントを挿入し、赤い壁の実際的な害悪を並べ立ててありました。確かに、山奥の大学に通う僕は、その窓の外に広がる、否、迫りくる木々の緑に、何度となく救われた記憶があります。これが、迫りくる赤い壁だったらどうだったでしょう。(僕の頭の不具合から来る)救いのない授業の唯一の目のやり場である窓の外に赤い壁がそびえていたら。そのまま無言で席を立ち、左手に緑色の伊和辞典と赤色の和伊辞典を、右手に白い傘でも広げて校舎の8階まで上り飛び降りるしかありません。

さてさて、不謹慎でおもしろくもないジョークは別にしても、どうしたものでしょう、東京イタリア文化会館。設計は仏・オルセー美術館やポンピドー美術館などを手がけた国際的建築家・ガエ・アウレンティが担当したとのことですし、そう簡単に塗りつぶすとかできるのでしょうかね。372人を収容できるホールなども設置されてあり、日伊文化交流の目玉、かつ要である建築物が地域住民の抗議の的になるなんて。国家間問題に発展して僕のイタリア行きがおじゃんにさえならなければ、塗りつぶすにしろそのまま「赤恥」をさらすにしろ頓着しませんが。

あ、「赤恥」なんて言葉を使いましたけど、僕は親伊派ですので、塗りつぶし反対に一票。

by kantacantalavita | 2005-10-28 22:18 | 親愛なる日記


<< 29/10/05      シデザクラ酒 >>