人気ブログランキング |

KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

2007年 01月 18日 ( 1 )


2007年 01月 18日

Future Film Festival 2007

今日からボローニャではフューチャー・フィルム・フェスティヴァル(誰が言ったかFFF)というアニメーションの映画祭が始まりました。

映画祭というと少し語弊があって、テレビ用の30分番組なども映画館で上映します。ベータだったり、DVDだったり、フィルムだったり、なかなか映像の観点からも興味深いイヴェントです。去年は、チェコのイジー・トルンカ特集に参加した記憶があります。プログラムが発表される前から今年は楽しみにしていて、友人が企画を担当しているということもあって、今年は昨年よりはしっかり参加しようと思いフリー・パスも購入しました。ちょっと面倒な手続きをすれば10ユーロで5日の期間中の全作品が観れます。これはずいぶんお得です。

今年の注目は50年代のイタリア・アニメーションの一端を担ったガンマ・フィルムGamma Filmという集団の特集でしたが、すべてDVD上映なのでやや気分が盛り下がり、その代わり先の友人の企画「中国アニメーション特集」を個人的な目玉にしました。日本のアニメーションの父とも言われる政岡憲三の「くもとちゅうりっぷ(1943)」よりさかのぼる1941年の『鐵扇公主』に始め、50年代の上海美術電影(国立のアニメーション製作会社?)、80年代の作品などが取り上げられます。日本でもかつて上映されたものもありますし、『鐵扇公主』などはほとんど伝説らしい(こういう物言いが所謂「伝説」を作っちゃうんですね)ですし、市販のDVDで観れるものもありますが、幾つかはヨーロッパ初上映ということもあって、全て未見なので楽しみです。

やたら読みにくい映画祭ホーム・ページに代わってここでイベントの詳細を記すほどのボランティア精神は備えておりませんので、日本に関係するプログラムだけを少しここで挙げてみます。

注目は昨年のベネチアにも出品された『パプリカ』を制作したマッドハウス、ここにはFFFは数年前からずいぶん注目しているらしく、今年もずいぶんたくさんの関係者が来場します。丸山正雄、齋藤優一郎、湯浅正明、細田守(全て敬称略)とテレビアニメ版『NANA』のチーフ・エディターKoseki Junko(同、漢字もわからず)を囲む座談会もあるようです。プログラムではそのテレビアニメ版『NANA』の最初の4回分を上映する"NANA-Day"なんてのもありますし、細田守監督の『時をかける少女』の上映と座談会、神志那弘志監督テレビアニメ『牙』の3話分、湯浅政明監督同『ケモノヅメ』の3話分といった具合です。

もちろん他にもあって、もうわけがわからなくなりつつあるので以下列挙。

『銀色の髪のアギト』
『練馬大根ブラザーズ』 (1~3話)
タツノコプロ40周年記念アニメーション作品『鴉-KARAS-』 (第1話)
矢沢あい原作テレビアニメ『パラダイス・キス』 (1~3話)
劇場版『ブラック・ジャック/ふたりの黒い医者』
劇場版『鋼の錬金術師/シャンバラを行く者』 
『アタゴオルは猫の森』
『あらしのよるに』

あと、ハローキティをストップモーション(一コマずつ撮って動いてるように見せる技術)で撮った新シリーズもやるみたいです。カタログでは『ウォレス&グルミット』を引き合いに出して、「非常に難しい技術だ」と紹介してます。

さらに、「ビジネス・ブレックファスト」という企画がありまして、東映アニメーションが近年の作品を紹介するようです。参加者には朝食が振舞われるとの事。いやいや、朝食が出るからって言って、映写がないなら誰も行かないだろ、そう思うでしょ。ところが、イタリアらしい事情があります。イタリアで一部で伝説となったテレビアニメ『北斗の拳』、ある友人が「私のハーロック」と呼ぶ『宇宙海賊・キャプテンハーロック』、平日の昼過ぎに同居のマウロもイレーネも食いついて観ている『ドラゴンボールZ』、最近はあまり話題にならないながら一時期フィギュアをよく見かけた『聖闘士星矢』、僕でさえ存在くらいは知ってる『ワンピース』、これらに共通するのはなんでしょう?ええ、そうなんです。全て東映アニメーションの作品です。つまり、イタリアで放映されて人気を博したアニメの多くはこの東映アニメーションに関係しているんですね。一体どういう経緯があるんでしょうか、気になりますが、日本のアニメで儲けようと考えている人がこの朝食会に集うのではないでしょうか。

ふう~。

正確を期しておりますが、如何せんアニメーションは無知なもので、間違いがあるかも知れません。その際はこっそりお知らせいただけたら幸いです。

・・・唯一実写の映画は大林宣彦監督の『時をかける少女』。観たい・・・ですが、これを書くのに疲れました。・・・参加した分は報告します。ので・・・、もう・・・、むりです・・・。 



e0017332_126372.jpg・・・?ん、ちょっと待ってください。
・・・おかしいでしょ?おかしいですよ。
・・・どういうことですか?いやいやそりゃないですよ、FFF。

明日からも『KENTA CANTA LA VITA』、がんばります!

by kantacantalavita | 2007-01-18 11:11 | 映画とは何か(cinemaについて)