KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

2007年 03月 30日 ( 3 )


2007年 03月 30日

Bologna, ti voglio bene (好きだよ、ボローニャ)

ああいう書き方が悪かったとは思います『KANTA CANTA LA VITA』です。

---------------------------------------------------------

修行だとか何とか言いましたけど、400kmほど離れたローマに行ってました。10日間で2往復し、計8日間の滞在でした。移動の煩わしさと旅の目的が勉強という、その厳しさから修行なんて言っただけのことです。ローマ第3大学でのイタリア映画史の授業に参加し、面白い映像も手に入りましたし、美味しい食事をし、行きたかった映画館にも行って、新たな友人も増え、本を買い、実りあるものでした。

---------------------------------------------------------

ところがローマというやつは、一時は世界の中心だったわけで、今でも世界中から観光客の集う巨大都市なわけで、普段ボローニャで、しかもかなりの割合でインドアな生活をしている僕には、宿泊地がずいぶんな郊外だったとは言え、そんな巨大都市で過ごすだけで疲弊します。

危険な雰囲気漂う地下鉄やバスに揺られ、観光客の間を縫うように歩き、雹や霰に降られ、先日までの暖かさがウソのような寒さに凍え、所かまわず散らかされるゴミに視覚的に辟易とし、鳴り止まないクラクションに聴覚的に苛まれ、最終日にはほとほとくたびれ果てておりました。こういう「修行」は避けられるものなら避けたいんです。

---------------------------------------------------------

そんな日々も昨日が最終日。ボローニャ行きの列車に乗るため、あるいは帰国前最後かもしれないテルミニ駅に向かいます。地下鉄で30分、のはずでした。ところが、途中の駅で乗客全員が降ろされる。列車の故障。渋滞の中の満員代行バス。翌日に控えるストライキの前夜祭か、結果的なストライキのためのストライキ。車窓からの風景、皮肉な会話、二重駐車に遮られたおじさんの憤慨とほとんど我関せず的に出てきたもう一方の当事者の悪びれる様子もない身振り、普段なら大いに楽しむであろうイタリアの典型的な光景も脳みそまで届きません。

・・・・・・ボローニャに帰りたい。

フィレンツェでモツのパニーノでも食ってやろうなんて目論見は、切符を買う時点で霧散します。モツよりボローニャ。席の埋まったコンパートメント、眠らせないアナウンスと車内販売、うろつく乗客。走れベイビー、一刻も早くボローニャへ。おかしなもので、ようやく着いたボローニャ駅で見た人込みは優しく温かなものでした。

---------------------------------------------------------

優しいボローニャの優しい我が家、普段自転車で行き来する街中も、こんな時はバスに限る。

e0017332_22503166.jpg・・・・・・、なぜバス停がバスでごった返している?どこまで続いてるとも知れないバスの列。理解不能。動いているバスも路線を変えている。おいおい、ここはボローニャだろ、ローマじゃないぜ。カオスはローマで十分味わった。こんな時に限ってやけに冷えやがる。俺が行く先々に寒さがあり、不運があるのか、俺がそれを引き起こすのか。み~んきあ。同居人の懐かしい口癖、悪態。暖かい我が家はしかし、このバスの渋滞の先にある。危険な香りは避けて通るのが絶対条件だが、如何ともし難い。バスとバイクと車の列は果てしなくも思える。クラクションと人だかり。そんなローマ土産はいらないぜ。

駐車したトラックが細道をふさぐ。ストラーダ・マッジョーレ、もっとも大きな道、素晴らしき道。名前だけが空しく響く。

e0017332_22582734.jpg「俺に言わせりゃ、通れるはずだよ。」
「いや、見てみろよ、仮に原付を移動してもその先の標識で身動きが取れなくなるんだ。」
「スペクタクル!スペクタクル!!」

バスに閉じ込められたみんな、悪いね、俺が帰ってきたからさ、君らがそこで指をくわえているのは。スペクタクルの社会、人生という旅。

しかしちょっと待て、ここはボローニャだろ。奇跡的な思考の転換、見世物と化した世の中を楽しめ。無関係とは言えなくもないが、これはシチュエーションとして完璧な面白さをたたえている。どう転んでも面白い。

e0017332_2304329.jpgトラックのハザード・ランプが点いている。あるいは運転手はちょっとの用事を済ませる間に、近所の奥さんとのひと時の情事に・・・・・・、高まる心、動き出す脳。ああ、マイホームでありホームタウンである、マイ・ホーム・タウンとしてのこの街。

e0017332_2315876.jpg渋滞と人込みが象徴する如何ともし難い状況を打ち破ったのはレッカー車。ふさいだ道を覆面で素顔を隠した死刑執行人然として後ろ向きにやってくる。蛍光色の作業服を着た若い仕事人は300回くらいため息をつきながらもフットワーク軽く任務を遂行。「やるじゃねえか、若ぇの。」執行人の気持ちなど知る由もない観衆。装置が響かせる金属音は死刑宣告文。ニヤつく観客、無口な断頭台。バスの列はそのままレッカー車を先頭にした葬列にかわる。古い友人に別れを告げるかのような老人。「あばよ、戦友。」

「スペクタクル!スペクタクル!!」

---------------------------------------------------------

自分の街に帰ってきた途端に、同じ混乱が混乱でなくなるから面白いです。その意味で、あるいはローマも「住めば都」の例に漏れることはないかも知れません。住みたいかどうかはまた別の話ですけど。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-03-30 21:45 | 親愛なる日記 | Comments(4)
2007年 03月 30日

外部連載コラム裏話その6

e0017332_19252763.jpg今回のコラムの最後にも書いておりますが、全3回でお届けする予定でした『DVDに学ぶ』は「僕の文章をまとめる力の無さ」と、「勝手な興奮を抑える力の無さ」、つまりはいずれの場合もある種の「自制心の欠如」からもうしばらく続きます。「『DVDに学ぶ』 後編 (その1)」ってなんですか。自分でも恥かしいです。しかも今回のは恐らく分量としても最長で、読むのがえらくしんどいです。書いた本人が言うんですから間違いないはずです。かたっくるしい話では無いはずですし、知識をひけらかすような文体にもならないように注意はしていますが、それでもやっぱり何より「長い」です。精進します。

あと、こんなことを書いてしまって大丈夫かとも思うのですが、裏話ですからまあ良しとして、と言うのは、あのコラム『DVDに学ぶ』の中で僕は決定的なウソをついています。映画関連の情報についてのウソではありませんし、あるいは自覚していない間違いがないなんてことも言い切れないのですが、そういうことは自分で気づいた時や読者の皆さんに指摘された時に直せばいいですし、そういうのではなくて、つまりあのコラムを書くに至った経緯・背景について若干の「創作」があるということです。僕がよく言うのは、「どんな事実も文字にした時点でフィクションになる」ということでして、その意味で僕が書いてるコラムは創作や引用を多く盛り込んだドキュメンタリー風、あるいはルポタージュ風な第1回に象徴されるように、事実に基づいた「創作」であることが多く、ところが今回のウソ(創作)はそれ自体が笑い話じゃないかというような類の、情けない話を隠したために出来上がったのです。

「DVDに学ぶ 中編」を見て見ましょう。DVDセット「ポンペイ最後の日」のジャケットの下から続く文章の初めにはこうあります。

DVDを手に取ると(中略)、表面上部の「セルジョ・レオーネの最初の作品(IL PRIMO FILM DI SERGIO LEONE)」という言葉が何よりもまず目に入り驚きました。


e0017332_20411922.jpgこれは完全にウソです。創作ではありますが、この場合は「ウソである」と言ったほうが正直です。どういうことか?僕の目にまず飛び込んだのは「レオーネの作品」とか、コラムで続けているようなリマスタリングに関する文字列でもなかったのです。では一体、何が僕の注意を引いたのか。・・・・・・主演女優の美貌です。美貌といえば語弊があります。とにかく「かわいい」。セルジョ・レオーネのコーナーに、未見の作品があったことなどすっかり忘れて、しばし彼女に見惚れた後、この女優が誰なのか、パッケージに他にも彼女の写真が使われていないかを詳査したその後でようやく、「あれ?レオーネの作品って書いてあるなあ」と女優の可愛らしさの前では幾分トーン・ダウンして思ったわけです。もちろん自己弁護をすれば、「あれ?レオーネの作品にこんなのあったか?ん?オリジナル・ネガ?え?特典映像で古典を丸々1本収録?しかも完全版?完全版ってなんだよ?」という具合に、ひとたび女優から注意が離れるや、いっぱしの映画好きに戻って色々考えていたのも事実で、そこから今回の特集は生まれたわけです。

e0017332_20422787.jpgさて、本当の意味で特集の生みの親とも言えるこの女優クリスティーヌ・カウフマンChristine Kauffman(IMDb)について少し。ボナール作品の『ポンペイ最後の日』は、一部の批評ではその女性出演陣(クリスティーヌ・カウフマン、バーバラ・キャロルBarbara Carroll、アンヌ・マリー・ボーマンAnne-Marie Baumann)の美しさが取り上げられますが、確かに三者三様の美しさがあって、その中ではクリスティーヌは最年少で、インターネット・ムーヴィー・データベースを見てもわかるように、1945年生まれの彼女は1959年公開のこの作品の撮影に参加した当時はまだ13歳か14歳だったことにまず驚かされます。中学生には見えません。とにかくその若させいもあってか、個人的な印象としては作中、ほとんど演技をしているようには見えず、こと演技に関しては他のキャロル、ボーマンの次点に甘んじています。ところが映画とは面白いもので、この3人の中ではクリスティーヌのキャリアがもっとも長く、比例して出演作品も多い。あるいはクリスティーヌはこの後歳を重ねるごとに演技に磨きをかけていったのでしょうか、後年の作品を観ていないためわかりません(『バグダット・カフェ』は見たけど当時知らなかったんです)。

クリスティーヌの写真がパッケージに使われていなかったとしても、『DVDに学ぶ』は書いていたでしょうけれど、それでもやや凡庸な作品の鑑賞を楽しませてくれたという意味で、記憶に残る女優になりました。

その他の画像(作中より)
[PR]

by kantacantalavita | 2007-03-30 19:08 | 映画とは何か(cinemaについて) | Comments(0)
2007年 03月 30日

シネマテークにしねまっていこ(第9回)

『KANTA CANTA LA VITA』が「オールドファッション幹太」のコードネームでお届けする外部コラム『シネマテークにしねまっていこ』を更新(第9回)しております。

『シネマテークにしねまっていこ』(第9回)はコチラから。

『KANTA CANTA LA VITA』が所属するイタリアお宝アーティスト発掘団『大阪ドーナッツクラブ(ODC)』のHPはコチラから。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-03-30 18:44 | 追加・更新・変更・リンク | Comments(0)