KANTA CANTA LA VITA

forsecanto.exblog.jp
ブログトップ

2007年 05月 11日 ( 1 )


2007年 05月 11日

2007/05/11 金曜日

ボローニャのシネマテーク『リュミエール』の2007年5月11日(金)上映プログラムです。

---------------------------------------------------------

Cineteca di Bologna "Lumière"のホームページはコチラからどうぞ。
当日のプログラムへはトップページ左上の"oggi"から。

---------------------------------------------------------
【第1上映室スコセッシ Sala Scorsese】
 17.30- Il cinema di Giuseppe Tornatore ~ジュゼッペ・トルナトーレの映画~
       "UNA PURA FORMALITÀ"
        『記憶の扉』
        ジュゼッペ・トルナトーレ監督 Giuseppe Tornatore
        イタリア 1994年 108分
       "IL CANE BLU"(ep. di "La domenica specialmente")
        『夜ごとの夢/イタリア幻想譚』の一挿話
        ジュゼッペ・トルナトーレ監督 Giuseppe Tornatore
        ベルギー/フランス/イタリア 1991年 

 20.30- Spazio aperto ~開かれた空間~
       "IL MIO VICINO TOTORO"
        『となりのトトロ』
        宮崎駿監督 Hayao Miyazaki
        日本/アメリカ 1988年 86分
        オリジナル言語版 

 22.30- Vivere la Grande Mela.
       ~ビッグ・アップルは生きている~
       "NUOVOMONDO"
        『新世界』
        エマヌエーレ・クリアレーゼ監督 Emanuele Crialese
        イタリア 2006年 110分
        ボローニャ/ニューヨーク直行便就航再開記念
        ボローニャ空港協力
        入場無料

【第2上映室マストロヤンニ Sala Mastroianni/Officinema】
 20.00- La finestra sul mercato ~市場へ向けられた窓~
       "LEZIONI DI VOLO"
        フランチェスカ・アルキブージ監督 Francesca Archibugi
        イタリア 2007年 106分
 
 22.15- 同上


---------------------------------------------------------
【ひとこと】トルナトーレの未見『記憶の扉』も、見ないことにしました。アンドー監督同様、「観る機会を逃す」、これを今の自分への戒めにします。

それにしても、日本で公開予定の『そして、デブノーの森へ』のクレジットでアンドー監督が「アンドゥー」になっているのが気になります。フランス映画として認知されている影響でしょうか。僕の友人にもアンドーというのがいますが、彼も一部でアンドゥーと呼ばれてました。何かそういう抗えない魔力のようなものがあるようです。アンドーという苗字には。
[PR]

by kantacantalavita | 2007-05-11 17:51 | Cineteca Bologna